♂&♀
Love

セックスに特別な意味を持たせると不幸になる

 どんな人でも、多かれ少なかれセックスによるトラウマを抱えているのではないでしょうか。思い通りにいかない心と体に振り回されて、傷ついて……。本来幸せな行為であるはずのセックスなのに、なぜ悲劇は起こってしまうのか。

なぜセックスで悲劇が起こってしまうのか 女子SPA!の連載「性活相談」でお馴染みのAV男優、森林原人さんの新著『偏差値78のAV男優が考えるセックス幸福論』の中に、その答えがありました。

偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論

画像をクリックすると、Amazonのページにジャンプします。

セックスに特別な意味を持たせてはいけない



 森林さんは、中学受験の最高峰である筑駒出身の超秀才です。東大を目指したものの在学中にエロに目覚め、その後のキャリア形成に失敗。そんな森林氏を温かく迎え入れてくれたのがAV業界でした。本書からは森林さんの、人一倍強く純粋なセックスへの愛を汲み取ることができます。明晰な頭脳と広い見地で、達観と言っても過言ではない哲学的セックス論が展開されています。

 本書で森林さんが繰り返し唱えているのが、「セックスに特別な意味を持たせることなかれ」という持論です。

 例えば、

“セックスで相手に受け入れられ、相手を受け入れて、深くつながった手ごたえを得たとしても、相手のすべてをわかったことにはならないのです。セックスによってわかるのは、その瞬間に当事者二人がそこにいたことと、その瞬間だけはつながったということ

“セックスが何らかの契約の証だったり、何かの見返りとしてセックスをさせると(中略)セックスが道具や手段になってしまいます

 といったくだりです。

 一見とても冷徹なようですが、なぜ私たちがセックスによって傷つくのかを明確に指摘されたような気がします。同時に、某有名ブロガーの「男はセックスをするために与え、女は与えるためにセックスをする」という名言を思い出しました。

女性は「与えるセックス」をしがち



 女性が陥りがちなシチュエーションとして「セックスをしたのに、その後、彼の反応が冷たくなって疎遠にされてしまった」といったものをよく見聞きします。

 この不満の根本にあるのは恐らく森林さんの危惧する、セックスを通して相手に継続的な見返りを求める意識ではないでしょうか。セックスにおいて肉体的に受け身になってしまう女性にとって、たとえそれまでに何人の男性と経験してこようと、好意を持った男性との初めてのセックスは「与える」ものになりがちです。

 ただしこの意識が強すぎる女性は必要以上に傷つきやすく、下手をするとメンヘラ体質などと敬遠される傾向があるように思います。

次のページ 
本当に幸せなセックスって?

1
2
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」がいよいよ書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.
Q&A31本とコラム4本を収録。




あなたにおすすめ