Love

「今度ゴハン行こう」と言ったまま誘ってこない男のナゾを解説します

【ネガティブな解釈】2、ただの社交辞令

 相手が“恋愛の優先順位が低い”だけならば、多少溜飲も下がるでしょうし、攻略しようもあります。ですが、絶望的にネガティブな解釈をすることもできちゃいます。 ●【社交辞令だった = 興味ナシ】  もう女性側からしたら、期待させるだけさせといてそりゃないだろって思うかもしれませんが、このパターンもままあること。  社交辞令……その場のノリで口にしてしまって、ぶっちゃけ後になってめんどくさくなってしまうという。 「本当に仕事が忙しくて時間が作れない」のか、「社交辞令だった」のかはなかなか男性の言動やLINEのメッセージから明確に判断するのは難しかったりするので、やっかいなところなんですよね。  でも前者の場合は攻略のしようがあるんです。  まぁ、力技ですけど、“恋愛(女性)”カテゴリーでトップなのであれば、「あんまりほったらかしにされるなら他の男とゴハン行っちゃうよ」なんて、半脅迫みたいなことをいって、その男に危機感を与えるやり口も有効ですからね。  こうまで言って後者だった場合はちょっと悲惨ですが、もやもやした日々を過ごすよりはハッキリしていいんじゃないでしょうか。 <TEXT/堺屋大地> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
堺屋大地
恋愛コラムニスト。中高時代はスクールカースト的に4軍男子(非モテ)。現在は痛いほど、どチャラい。そんな4軍マインドとどチャラい経験則を融合させ、真摯に恋愛を分析。他、『INLIFE』『Business Journal』『AOL News.』などで活躍。Twitter(@SakaiyaDaichi)。
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ