Entertainment

SMAPの将来は?ジャニーズグループ解散後の“天国と地獄”

 SMAPが解散を発表して以降、いまだ日本中が彼らのニュースでもちきり。特に議論になっているのが、メンバーの今後。「中居くんはMCができるから生き残る」や、「でもキムタクは……」などなど、あらゆる意見が飛び交っています。

 そこで、かつてジャニーズ事務所からデビューして一世を風靡したアイドルたちが、現在どのようになっているのかを調査してみることに。成功している人もいれば、そうでない人もいたり……。さて、SMAPメンバーたちの今後はどうなるのか!?

ジャニーズ

ジャニーズ(1962~1967年)



 ジャニーズ事務所から最初にデビューを飾ったアイドルグループ「ジャニーズ」。そんなグループあったの!? と思われる方もいるとは思いますが、代表曲の『涙くんさようなら』(66年)なら知ってるという人も多いのではないでしょうか。

 1967年に解散した後、メンバー4人はそれぞれの道へ。リーダーであった真家ひろみは、芸能界を引退し、タクシー運転手に転職。そのいきさつが、猪瀬直樹の著書にも出ているそうです。しかし2000年、心筋梗塞のため53歳の若さで亡くなったそう。

 ちなみに、アニメ『あしたのジョー』の矢吹丈の声優を務めているのが、同じくジャニーズの元メンバーである、俳優・あおい輝彦です。

ジューク・ボックス(1969年~1973年)



 ジャニーズ同様、知らない人が多そうな「ジューク・ボックス」。幾度となくメンバーチェンジを繰り返していたグループですが、歴代メンバーの一人である近藤昌は、グループ脱退後アパレル業界で活躍。なんとクロムハーツを世に送り出した人物なんだそうです。

 そのきっかけとなったのが、キムタクのスタイリング。近藤氏がキムタクにクロムハーツを付けさせたことで爆発的ヒットに繋がったというわけです。なんというか、キムタクの影響力のすごさがわかるエピソードですね。

 ジューク・ボックスの解散直前、最後のメンバーだった風間忠芳は、現在、埼玉県新所沢で居酒屋を経営しているそう。

次のページ 
薬で捕まったあの人は?

1
2




あなたにおすすめ