Lifestyle
Love

セックスレスの愛人関係?「一文ナシだから抜け出せないんです」

「結婚して養ってほしい!」最近20代女性に専業主婦願望が広がっているようです。では自分に収入がない時に、経済的に面倒を見てくれる男性があらわれ、しかも彼と籍は入れず、肉体関係を持たなくて良かったら、それは幸せなのでしょうか?これまでには、なかなか想定しづらいケースですが、男女の関係が以前より多様化している昨今、客観的に見てフシギな関係性が成立しているようです。

 9月に発表された国立社会保障・人口問題研究所の調査(※)では、18~34歳の独身男女のうち<交際相手なし>が男性69%、女性59%と、過去最高を記録しています。ひと言に<交際相手なし>と言っても、「自分は付き合いたいのだが、相手からセフレ扱いされているため彼氏はいない」など、さまざまなケースが含まれていると思われます。実際のところはどうなっているのでしょうか?

 いまや普通になった<彼・彼女がいない>独身は、どんな人で、なぜいないのか、その恋愛歴や結婚観は?といったことを取材してみました。

セックス抜きの愛人関係?



愛人

写真はイメージです

 アユさん(仮名・33歳)は、彼氏なし歴5年。現在は無職。今年の4月に勤めていた会社を辞めてしまいましたが、都内の1LDKマンションで一人暮らし中です。

「実は、このマンションの家賃は男が払ってくれてるんです。彼氏じゃないですよ。セフレ?…でもないです。体の関係はないんですけど、たまにここに泊まって一緒に眠る。そういう関係です」

 アユさんと、その男(Bとします)が出会ったのは、前職でのこと。敏腕な営業マンだったBに、営業事務をしていたアユさんは急激にひかれ、恋愛関係におちいりました。しかし、そう思っていたのはアユさんだけ。Bにとってアユさんは単なる社内のセフレで、本命の女とは婚約までしている状態でした。

「体の関係を持っておけば、業務に関するアレコレで利用しやすいと考えてたみたいですね。私にもプライドがあったので、それを知ってぶち切れ。肉体関係は一切断ち切りました。その後、好きな人ができたりはしましたが、彼氏と呼べるまでの関係には至っていません」

 彼氏ができないその理由は、肉体関係を絶ってからも、独占欲を丸出しにして他の男との関係を叱咤(しった)するBの存在にありました。

 セックスはしないけど、ホテルに泊まる。セックスはしないけど、旅行にも行く。プレゼントもくれる。外食したらオゴりだし、タクシー代もくれる。アユさんとBの関係は、恋人でもセフレでもない、いわば愛人関係のようなものでした。しかし、そこに肉体関係がないため、あくまでも「面倒見のいい」男と、「それに感謝する女」という図式だったとアユさんはいいます。

突然の無職に! 彼が申し出たことは…



万札「そんなフワフワした状態から2年経って、社内でBとは別の営業の人に大きなミスを押し付けられて、怒り心頭した私は会社に辞表をたたきつけてしまったんです。本当に突然。後先なんて全く考えませんでした」

 突発的に退職したアユさん。当然ながら再就職先のあてはありません。必死の就職活動にも関わらず、不採用の通知が溜まること2カ月。もはや路頭に迷いそうなアユさんを救ったのは、なんとBでした。

「Bは好きな時に泊まる代わりに…と、私の部屋の家賃と光熱費をすべて負担すると言いました。また仕事についても、私が働けるようにと新しく会社を興してくれたんです。いずれはBも今いる会社を辞め、独立したいと考えていたようですが……。少しタイミングを早めただけだから、自分が辞めるまでBの会社を預かっていて欲しいと」

次のページ 
ネジレた関係の中で、彼と彼女は…

1
2




あなたにおすすめ