♂&♀

耳でイキそうに…気持ちいい耳愛撫テクニック

「ラブリサーチ」にて、会員女性に「ラブタイム中、耳を舐められるのは好きですか?」というアンケート調査を実施した結果、81.2%が「はい」と回答しました。耳は、私たち女性にとってだけでなく、男性にとっても性感帯の一つです。男性をより感じさせることができる耳愛撫テクニックをご紹介します。

耳愛撫テクニック===============
Q.ラブタイム中、耳を舐められるのは好きですか?

・好き(165名)
・苦手(38名)

回答時期:2014.10.17~2014.10.31
総回答数:203名
===============

耳愛撫テクニック1.まずは息を吹きかけ…



 耳は、陰茎や陰嚢のように、わかりやすい性感帯ではないので、耳愛撫に不慣れな男性も多いです。いきなり仕掛けると、男性を驚かせてしまうケースもあるので、まずは小手調べ。彼の唇を奪うと見せかけて、耳元に顔を近付け、軽~く息を吹きかけましょう。息を吹きかけられることで、全身に電流が走るような、ゾクゾクッとした感覚が得られます。男性の反応を楽しみつつ、耳元で「もしかして耳、感じるの?」と、小悪魔っぽく囁けば、掴みはオッケー。耳愛撫の主導権を握ることができるでしょう。

耳愛撫テクニック2.耳たぶを甘噛み



 彼だけでなく、あなた自身も耳愛撫ビギナーの場合、比較的攻めやすいのが耳たぶです。まずは歯を立てずに、唇だけを使って甘噛みしましょう。力の加減ですが、噛むといっても唇ですから、多少強めでも痛みは生じないはずです。もちろん、お相手の反応を確認しつつ、「強いかも」と感じたら、弱めてくださいね。徐々に気持ちが高まり、雰囲気が盛り上がってきたら、今度は歯を立てましょう。歯を使う場合は、弱すぎるくらいの力加減でちょうどいいです。そのまま流れに任せて、唇と歯を交互に使って、バランスよく愛撫しましょう。

耳愛撫テクニック3.音を立てていやらしく…



「効果音」を導入することで、よりエロチックなムードが演出できます。舌の先で、音を立てながら、彼の耳たぶを舐めてください。あまり大きな音すぎるとわざとらしいので、音量は抑え気味に。音量よりも、音の質感が大事です。そのまま、耳たぶから耳の内側へ移っていきましょう。耳の内側はデリケートな部分ですから、奥まで進む必要はありません。入口程度で充分です。耳の内側を誰かに触れられるって、滅多にないことですから、彼はドキッとすること間違いなし。だからこそ、お腹いっぱいにさせないこともポイント。一瞬だけチュッとして、すぐに離すなど、緩急つけて攻めましょう。

 最初のうちは、くすぐったいと言われてしまうかもしれませんが、くすぐったく感じるのは、いずれは快感へと繋がる証し! 彼の性感帯を開発するつもりで、楽しみながらお試しくださいね。

▼ライター:菊池美佳子さんプロフィール
1977年3月17日生まれ。20代の頃に様々なナイトワークを経験、男女の性愛について身をもって学ぶ。引退後はコラムニストに転身。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★Mじゃない男性にも使える! 女性からの言葉責めテクニック
★男性がエッチしたくなるキステクニックを徹底分析!
★「今日は私が攻めるね」女性主導のセックスの流れとは

ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。




あなたにおすすめ