♂&♀

新登場「iroha mini」で女性記者がひとりHしてみた

「女子だってエッチなことを楽しみたい!」――。そんな声を反映してか、ここ数年、女性向けAVや動画サイト、ひとりHグッズなどなど、女性向けアダルト市場は充実の一途を辿っています。なかでも、昨年3月にTENGAから発売された女性用“セルフプレジャー・アイテム”「iroha」はかなりの話題を呼びましたよね。

 そんな「iroha」から昨年末、早くも第二弾が登場しました。その名も「iroha mini」。今回はティアドロップ型のフォルムで、掌にちょこんと乗る小ささです。

「女性のひとりHグッズに対するハードルは年々下がりつつありますが、実際にお金を出して買うとなると、まだまだ抵抗がある方が多いのも事実。そこで『iroha mini』は、そんな方にもっとグッズを身近に感じてもらえるよう、さまざまな工夫を凝らしています。たとえば起き上がりこぼしのような形状は、先端についたローションなどでシーツが汚れないようにという工夫なんです」(TENGA広報)

 百聞は一見に如かず!ということで、実際に「iroha mini」がどれほどの“実力”なのか、試してみました。  

部屋で発見されても恥ずかしくない!?



化粧品置き場においてもこのナチュラルさ!

 早速、「iroha mini」との“共同生活”を始めたわけですが、まず助かったのは、やはりそのデザインの効果ですね。見た目はまるで可愛いインテリア小物みたいなので、隠さないで部屋のなかに置いておけます(でも彼氏は知っているかもしれないので要注意!)。

 見た目がそのまんまのピンクローターだと、見られたらド赤面ですからね。それに、“いかにも”というデザインのグッズを一人で使っていると、「私なにやってんだろ?」という罪悪感のようなものが芽生えたりもします。その点、この「iroha mini」は、可愛いおもちゃと戯れているみたいな軽い気分で使えました。

 さて、実際の“使用感”はどうかというと……。可愛い見た目とは裏腹に、思った以上に振動が強い!このコ、けっこう凶暴です(笑)。これまで十数種類のラブグッズを試したことがある私ですが(ほとんど仕事です)、コレは普通のローターなら「強」の部類に入るんじゃないでしょうか。あてるだけで十分な刺激を得られましたよ。

 ただ、振動が1パターンなので、使っているうちに刺激に慣れてしまうのはちょっとマイナス。その日の気分で、ときにはリズムを変えたいときもありますからね。とはいえ、グッズ初心者をターゲットにしている商品のようで、初めてグッズを使用するのなら、1パターンで十分満足かも。あと、初心者は「ちょっと刺激が強すぎる」と感じる人もいるかもしれませんが、そういう場合はまず下着の上から当てて刺激に強弱をつけるとより楽しめそうです。

お風呂でする気持ちよさを知った



一緒にお風呂に入るのは、もはや日課です

 私もそうですが、実家暮らしの人だと、どうしても家族の存在が気になりますよね。部屋のなかからブーブーと音がなると、「親に聞こえているんじゃ?」と、集中できませんから。

 一方、「iroha mini」は完全防水なので、お風呂に入りながら使用OK。体を洗いながら楽しんで、最後は一緒に洗ってキレイに……なんて感じで使えるのはうれしいですね。これまでは自室で使うことが多かった私ですが、お風呂場でマッパで使うとまたちょっと気持ちよさが違うんだなぁと新発見がありました(開放感のせいでしょうか?)。最近ではもっぱらお風呂場での使用が多くなった私です。

思わず、あちこちのツボに…



TVを見ながらゴロゴロしているときにも大活躍です

 それから、普通のマッサージ用としても優秀なツールですよ、コレは。ソファーに座って首や肩をマッサージしたり、あと、仕事で目が疲れた日にはホットタオルの上から「iroha mini」を軽く目頭に当ててツボ押し。そんな感じでリラックスしてくると、ついつい局部のほうにもあてたくなっちゃうから不思議です(笑)。

 ちなみに、「iroha mini」の購入者は20、30代の女性の方が多いそうですが、なかには50、60代の女性からの問い合わせも来ているとか。1890円(参考価格)と、価格がより手ごろになったこともあり、美容アイテム感覚で取り入れるのもいいかもしれませんね。 <TEXT/槍田創>

槍田創
学生時代は短距離連覇の敵なし陸上女王。名門青学陸上部に進学するも、「エロ」と「女子」に目覚め、挫折。持ち前の好奇心で取材に邁進する日々




あなたにおすすめ