Love

上品セクシーに見せる方法4つ。キャピ声はNG!

 突然ですが皆さんは「色気のある女性」を目指していらっしゃいますか? 少女漫画などの設定で、幼馴染の男の子に「色気ないな」と言われ、ヒロインは「なによ! もうっ!」と憤慨するけど結局その幼馴染と結ばれる…という王道胸キュンストーリーもありますが、それはあくまでも漫画の世界。現実はやはり、色気が無ければ、あなたの魅力は半減してしまう…と言っても過言ではありません。

 しかし、色気(セクシーさ)はあなたが生きて行く上で徐々に自然と身に着くものであり、全く色気のない女性はいないはずです。

全く色気のない女性はいない===============
Q.女性に色気を感じた事はありますか?

・はい(27名)
・いいえ(3名)

回答時期:2014.04.01~2014.04.25
総回答数:30名
===============

 ラブリサーチのアンケ―ト『女性に色気を感じたことはありますか?』でも、約90%の男性が「はい」と答えており、

・(色気を感じるのは)あたり前である。
・うなじ、胸の膨らみ、腰つき、全体の体つき、顔つき、ちょっとしたしぐさ、声、等々数えだしたらきりがない。

 などと、色気を感じるポイントをたくさん書いていただきました。つまり、ありとあらゆるところからあなたの色気は放出されているはずなのです。

 しかし「色気」の出し方には様々なテクニックがあるようで、一歩間違えば、エッチな雰囲気が出過ぎて下品に見えたり、その逆にサバサバし過ぎてガサツな女性に見えたりと残念な結果になってしまうことも。

 色気の出し方は、基本的なことを守っていれば、決して難しくはありません。今回は色気をアップさせる方法を考えてみましたので、ご紹介させていただきます。

チェックシート

色気を出す方法1:露出は1か所だけ



「色気を出すんだ!」と息巻いて、胸の谷間や太もも、二の腕など…。男性が好きな女性の体の部位を全て丸出しにさせた服を着てしまうと、残念ながらそれは、ノーセクシー。 色気とは程遠い雰囲気になってしまう可能性が高いでしょう。それどころか、とても悲しいことに、下品な女性に見えてしまうこともしばしば。やはり目指したいのは、上品セクシーです。

 フィジカル的な色気ポイントは1か所にするのが色気アップのポイントです。だからと言って「1か所だけだから!」と全力で胸元が空いている服を選ぶのも危険です。チラリと見えるからこそ色気があると感じるわけです。にもかかわらず、服装で演出する色気の基本ルールが守られていないケースが多いですので、今一度ご自身の服装をチェックしてみてはいかがでしょうか?

色気を出す方法2:落ち着いた声のトーン



「色気のある声を出そう」とか「男性受けしそうな可愛い声を出すんだ」と気合が入り過ぎてしまったが故、大きな声や高すぎる声になってしまう方を、まれに見かけます。筆者もなかなかのガラガラ声なので若いころはコンプレックスに感じたこともありますので、お気持ちがはわかります。ですが、だからといって無理に取り繕う必要はありません。

 まずは、余計なことは考えずに落ち着いて会話をしましょう。「言葉を相手に伝える」「会話を楽しむ」これが声を発する目的なのです。声質は関係ありませんので、相手のことを考えたトーンで話すと、自然と色気を感じる声のトーンになっていくと筆者は考えます。

色気を出す方法3:丁寧な所作



 アンケートでも「背筋が伸びて凛としている人」や「しなやかな動き」に色気を感じると言う方がいらっしゃいました。やはり、所作の美しさも色気アップには欠かせないものとなっているようです! 礼儀作法の講師のような完璧な所作を目指す必要はありませんが、

・食事の時、音を立てたり、こぼしたりなどの、汚い食べ方をしない。
・椅子に座る時だらしない座り方をしない。

 最低限この2つを意識すると良いかと思います。

 また、物を拾う時にかがんでいるときに胸元がチラリと見えたり、髪をかき上げたりする仕草が大好き! という知人男性からの意見がありましたので、もし落としたものを拾うチャンスがあった際は試してみるのも良いでしょう。あまり意識し過ぎると「色気意識してボールペン拾ってる!」などと意図がバレてしまう可能性がありますので、あくまでもさりげなく。仮に誰も見て無くてもいいや、という気持ちがあった方が良いかもしれませんね。

色気を出す方法4:肌がスベスベ・ツヤツヤ



 仕事が忙しくて、色気アップを目指している暇がないわ」という方は、肌の質感をより良いものに高めていくというのはいかがでしょう?

忙しさゆえに肌のお手入れが行き届かなくなって、お肌ボロボロ、目の下クマでどんより…となってしまうと、余裕のない人に見えてしまいます。でも、テキパキと仕事をこなし、忙しそうだけど、艶やかなお肌で生き生きとしている。なぜかフワッといい香りもする…そうなれば、特に露出がない服でも、仕事で忙殺されても、「この人の働く姿、色気があるなあ」と感じさせることができます。

 もちろん、いざさりげなく露出のある服を着る時にも、肌の質感はとても重要なポイント。つるんとした肌や、しっとりとした手の甲など、思わず触れたくなるような質感を保っておくことで、いつでも自由自在に色気を演出できるはずです。

 さて、色気をアップさせる方法をいくつかご紹介させていただきましたが、そんなに難しくはなかったと思います。妙に意識せず、気になる彼や、愛するパートナーを喜ばせるためにも、さりげなく色気を出せる女性を目指していただければ幸いです!

▼ライター:ニシオカ・ト・ニールさんプロフィール
脚本家・演出家。札幌出身。TEAM NACSの安田顕率いる劇団解散後、上京し脚本家を目指す。代表作は実在のAV女優の半生を物語にした『しじみちゃん』や、中野のスナックを舞台にした『渚のはなし』など。 LCラブコスメのオリジナルドラマ『秘密のラブパフューム』の脚本も務めた。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★ あなたは何系女子?オヤジ系女子の特徴も判明!
★胸だけじゃない!男性が「女性らしさ」を感じるパーツ3つ
★感じやすいカラダで彼を誘惑…可愛いだけじゃない女になる方法

ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。




あなたにおすすめ