Beauty

メガネのフレームが古臭いと「イタい人」になっちゃう

●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」20 by小林直子●

Q.今、メガネを買うなら流行の形は?



 メガネにも流行があるんでしょうか。今買うとしたら、どういうタイプを買ったらいいのでしょうか?

A.服もメガネもビッグシルエットの時代です



回答:小林直子(ファッション・ブロガー)

 お察しのとおり、メガネにも流行があります。大まかに言いますと、大きいフレームか、小さいフレームかです。大きいフレームが流行ったら、次は小さいフレームが、小さいフレームの次は大きいフレームが流行ります。

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/BJhUR6cDWLV/

(佐々木希のInstagramより。メガネは大きめ)

 服との関連ですが、簡単に言うと、服がビッグシルエットになればメガネのフレームも大きくなり、服がタイトシルエットになれば、メガネのフレームも小さめになります。

 皆さんも気づいていらっしゃるように、ここ最近、洋服のシルエットがすっかり大きくなりました。3年前は、コートもジャケットもセーターもシャツも、みんなもう少し小さかったはずです。実は2012年ぐらいから徐々にシルエットはビッグシルエットに変わっていて、この傾向はまだ当分の間、続くと思われます。

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/BNiIFn2jS0c/

(前クールのドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール』Instagramより、大きなメガネの石原さとみ)

服がビッグシルエットならメガネも大きく



 洋服がビッグシルエットになると、それに伴って、アクセサリーも大きくなります。タイトシルエットのときはネックレスやペンダントや指輪も、きゃしゃな小さなものがメインでした。なぜなら洋服の面積、体積が小さいので、大きいアクセサリーは合わなかったからです。当然、メガネのフレームもどんどん小さくなっていきました。

 だけれども、ビッグシルエットになると、洋服の面積、体積が大きくなりますから、アクセサリーも大きくなります。ネックレスも長くなりますし、ペンダントのヘッドも大きくなりますし、指輪も大き目なものが格好よいとされます。またそれだけではなく、例えば指輪にしても、指に2本も、3本もつけるのが主流になってきます。

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/BO9u6aDg34G/

Gucciさん(@gucci)がシェアした投稿

(グッチのInstagram。指輪に注目)

 グッチのコレクションがそのいい例で、手の5本の指のうち4本まで大きな指輪をしています。大きく、かつ多くつける、それがビッグシルエットが流行っているときのアクセサリーの特徴です。

 そうなると、当然、メガネも大きくなります。3年ぐらい前、流行に敏感な人たちがいきなり大きなウェリントンタイプフレームのメガネをかけ始めたのを覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。あれは洋服のシルエットが大きくなることを察知した人たちが、メガネもそれに合わせて新しいものに換えたからなのです。

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/BPIO4BUgDZz/

Gucciさん(@gucci)がシェアした投稿

(同じくグッチのInstagram)

 あのとき、大きなメガネをかけ始めた人たちは、次はビッグシルエットだと、もう気づいていたのですね。

次のページ 
30代前半の人は、イタい人にならないよう要注意

1
2
わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。

あなたにおすすめ