Beauty

抜け感、外し…実は知らない着こなしルール

●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」19 by小林直子●

Q.この頃、よく聞く「抜け感」って要は何ですか?



 おしゃれな人は「抜け感」があったり、外すのがうまいと言われます。でも、具体的にどういったテクニックがあるのかわかりません。どうしたらいいでしょうか?

A.「完璧にしない」ことです



回答:小林直子(ファッション・ブロガー)

 ファッション雑誌にはよく「抜け感」とか、「着崩し」とか「外し(はずし)」という言葉が出てきます。けれども、どこにもちゃんとした定義が書いてないのですよね。また、人によっても使い方が微妙に違いますので、はっきりこれということを言うことはできません。みんな、なんとなく使っていて、なんとなく通りすぎていっています。

ワンピース

ワンピースなら「完璧にフェミニン」にならないよう、スニーカーやゴツい靴、メガネなどを合わせるのは定石 画像:WEARより

 ただ、大体言いたいことは同じなんです。「抜け感」も「着崩し」も「外し」も、「完璧にしない」という意味なのです。逆に言ったら、まず完璧があるということです。

 完璧というのは、例えばコレクションで発表されたら、その発表されたままのスタイルです。もっと身近なわかりやすい例で言うと、ショップの販売員さんみたいなスタイルです。そこのブランドものだけを、デザイナーの意図どおりに、きっちり着て、どこから見ても、そこのブランドの販売員だよねって、わかるスタイルです。

 販売する人はそれでいいんですけれども、逆にそれじゃなきゃ困るんですけれども、そこの会社の販売員や社員じゃない人は、それだと格好悪いと思われるのです。なぜかというと、借りものみたいだとか、こなれていないとか、服に着られているだとか、そんなふうに思われて、それは格好よくないことになっています。

「抜け感」は、たいてい肌を少し見せること



カットオフ

カットオフデニム(裾が切りっぱなし)で足首を見せるのも定石 画像:WEARより

「抜け感」は、その格好よくないスタイルから抜け出す方法の1つです。きっちり着ていたものを、「抜け」をつくることによって崩します。「抜け」とは、だいたい、肌をちょっと見せることです。袖をまくったり、シャツのボタンを一つ外したり、パンツの裾を折ったり、そんなことです。

次のページ 
じゃあ「着崩し」「外し」って何?

1
2
わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。

あなたにおすすめ