Entertainment

帰省したら父が豹変していた。「ういのわっぱ知ってっか?」【こだま連載】

 持病のある私は、肛門科へ通う父と日程を合わせ、同じ日に通院するようになった。腰を屈め、座薬のどっさり入った袋をぶら下げる運転手の父(無職)、陰気な顔をした中年の娘(無職)。車内に漂う悲愴感が半端ではない。昔から父とほとんど会話をしてこなかったので、二人きりというのは妙に落ち着かない。共通の話題もない。  その日の車内もしばらく沈黙が続いたが、ふと思い出したように父が訊いてきた。 「おまえ、ういのわっぱ知ってっか?」 「ういの・・・・・・わっぱ? それ何?」 「なんだ、ういのわっぱを知らんのか。ういのわっぱは、ういのわっぱよ。家にある」 「・・・・・・」  ほぼノーヒントである。難解すぎる。まるでわからないが、その語感から、キツネを捕まえる罠のようなものをぼんやりと思い浮べた。どうせろくなものではない。そう思い、追及するのはやめておいた。  ところが後日、思わぬ形で正解を知った。
次のページ 
「ういのわっぱ」の正解
1
2
3
Cxense Recommend widget
夫のちんぽが入らない

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落"の半生。“衝撃の実話"が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化!


あなたにおすすめ