Entertainment

「奪い愛、冬」の水野美紀が怖すぎる!夜のシーンがもはや猟奇的【金曜ドラマ】

スナイパー小林の2017冬ドラマ評 金曜編2】

 2017年の冬ドラマが始まった。金曜日、23時すぎのドラマはなにかと濃い。女性が大好きなドロドロラブストーリー「奪い愛、冬」に、役者の本音がチラチラ見える「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」。どちらも笑いと問題が詰まっています。

役者一同が体当たり演技



奪い愛、冬

「奪い愛、冬」公式サイトより http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/

●奪い愛、冬
テレビ朝日 金曜23時15分~
出演:倉科カナ、三浦翔平

 池内光(倉科カナ)と奥川康太(三浦翔平)は同じデザイン事務所で働く、結婚を約束したカップル。ある日、光の前に3年前突然別れを告げてきた元恋人の森山信(大谷亮平)が現れる。康太のことだけ好きだったはずの心が徐々に揺れ始めていく……。

 深夜に放送する昼ドラ、というところだろうか。スピーディーにストーリーは進みつつ、ベタな演出が随所に食い込んでくる。そして演者全員が妙に肩に力の入った演技を連発。

 いちばん驚いたのは、現在妊娠中の水野美紀(森山信の妻役)。信をなんらかの理由で下僕にしている妻は、自分たちの映像を流しながらセックス。さらに夫の顔を自分の股間に挟みながら、乳を揉ませながらその映像の感想を話すってもう猟奇的だ

 榊原郁恵は康太の母親役で、光の描いた似顔絵を本人の目の前でシュレッダーにかけるという荒技に出るわ、嫌味を連発するわ……。オイオイこの人、明るさが売りの夏のお嬢さんじゃなかったっけ? と、突っ込みどころ満載の60分間、ちょっとほろ酔いくらいで見るのを推奨したい。

次のページ 
おじさんたちが可愛い

1
2




あなたにおすすめ