Lifestyle

妊活はまるで受験勉強!向く人向かない人の違いとは?【目指せ!デキたら婚】

 未婚だけど妊活中、雑食系ジャーナリストのおおしまりえです。

 妊娠する人には、2つのパターンしかないと思う。

 1つは、運良く妊娠というアタリをひける人。もう1つは根気強くコツコツと妊活を行い、妊娠までたぐり寄せた人です。

妊活 私は「多嚢胞性卵巣症候群」という病気のため、運良くアタリを引くということが難しいそうなので、「イチに妊活、ニに妊活!」とスポ根根性で妊活と向き合うしかなさそうなのです。

義務感でするのは女にとってもしんどい


 結婚に対するモチベーションが上がらないので先に妊娠を……と始めたこの未婚妊活チャレンジも、やることはまあ同じです。

 まずは基本のキ! 基礎体温チェック。朝起きがけの布団の中で体温を測り、排卵のリズムをつかんで「今じゃ!」と思ったら「エイヤー」と彼との行為にうつるのです。

 今まで何となくしていた行為は、「タイミング」がわかってくると、する前からムダか有効かがわかってしまうのは、どうにも気分が盛り下がる。

ベッドイン

写真はイメージです

 しかも、私と彼は同棲しているわけではないので、タイミングが来たとしても、仕事で会えなかったり、会ったとしてもお互い疲れていたりするので、結局GOする前に寝落ちることもあるわけで。

 これを妊活をなめてる! と言われたらそれまでだけど、今までストレスと性欲の発散としか思っていなかった行為に、義務感を持って臨むというのが、正直慣れなくてしんどいのです。

次のページ 
やっぱり運に頼ろうとしてしまう

1
2
あなたにおすすめ