Beauty

服はたくさん買うのに“合う服がない”…最悪スパイラルになる理由

●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」24 by小林直子●

Q.赤いバッグを買ったのですが…



 ファッション雑誌に、今、赤いバッグがお勧めと書いてあったので、赤いバッグを買いました。でも、おしゃれに見える方法がわかりません。どうコーディネートしたらいいでしょう?

A.お勧めだから買うと、ムダな買い物がどんどん増える



 どうやら多くの皆さんが、自分が欲しいからではなくて、誰かのお勧めで何かを買うようです。ファッション雑誌でいいと書いてあったから、お店で勧められたから、スタイリストさんのお勧めだから。レストランで「今日のお勧めは何ですか?」と聞いて注文するみたいに、服や靴、バッグでも誰かのお勧めを買うのでしょう。

赤いバッグ レストランはそれでもいいでしょう。その日、おいしく食べれば終わります。けれども、服や靴やバッグはそうはいきません。食べるわけにもいかず、ずっとクローゼットに残るのです。

ファッションは料理と同じ



 さて、皆さんは、例えば「今日は寒いから、豆乳鍋にしよう」と決めて、お買い物に行って、何を買いますか?

 家に豆乳とねぎがあったら、足りない豚肉とお豆腐を買いますね。なぜなら、今夜の目的は豆乳鍋であったまることだからです。

 それなのに、スーパーに行ったら、「今日のお勧め」で、かつ安売りはアボカドとしめサバでした。ではそこで、豆乳鍋であったまりたかったあなたは、予定変更してアボカドとしめサバを買うでしょうか?

 もし買ったとしたら、アボカドサラダとしめサバだけじゃ寒いんで、何か暖かいものを付け足すために、新たな材料を買わなければなりません。そして結局、予算オーバーするかもしれないのです。

スーパー 洋服のコーディネートも同じです。あなたがもうすでに赤い靴、赤いセーター、赤いラインの入った白い帽子を持っているのなら、赤を利かせたコーディネートをつくるために、赤いバッグを買って、それでおしゃれなコーディネートをつくることは可能です。

 しかしそうでないとしたら、例えばもうすでにたくさん持っているのが、黒いバッグや茶色い靴、帽子はグレー、コートはネイビーという具合だったら…そこに赤いバッグを投入して、おしゃれなコーディネートをつくるためには、赤いバッグにふさわしい、赤い靴なり、赤い手袋なりを買い足さなければならないのです。

次のページ 
スタイリストのお勧めに従って、ひどいことになった女性

1
2
わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。

あなたにおすすめ