Beauty

2017春、デニムジャケットはこう着る!

 某有名アパレルショップ店員のkusumaです。

 デニムジャケットはここ数年、春のトレンドアイテムになっていて、雑誌で特集されるなど大注目。今日は2017年らしいデニムジャケットの着こなしについて紹介していきます。

1. 肩落とし



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=691584

REIKA YOSHIDAのコーデ

WEARより

 ヌキ襟が流行っていますが、デニムジャケットだって肩を落として着るのが今年のトレンド! でも、シャツより素材が硬いので後ろに落とすのが難しいですよね。

 うまく肩を落とすポイントは、「デニムジャケットの一番下のボタンをとめる」です。これにより落とした状態をキープしやすくなり、ボタンがとまっているので脱げる心配もなくなります。

 私も肩がないので流行りには乗れないタイプでしたが、このやり方なら大丈夫でした! ちなみに、ダッシュしてわざと風を切ると自然な肩落ちになり、これまたオシャレな雰囲気になります(やり方はダサいですが 笑)。

短めデニムジャケット×ワイドボトムス



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=691599

デニムジャケット

ZOZOより

 数年前はコンパクトボトムスが主流だったので、ジャケットも半端丈やちょい長めくらいがマストだったのですが、ワイドパンツが爆発的な流行を見せている昨今、ジャケットも従来より丈が短めな物が多いです(ビッグシルエットブームで全体的に大きめなのものも多いですが)。

 ワイドパンツやフレアスカートのように下半身にボリュームがあるものは、短めのデニムジャケットを合わせることで脚を長く見せることできるので、フラットシューズを履いてもスタイルアップできるのが今年の特徴です。

次のページ 
定番の「デニムジャケット×トレンチ」

1
2




あなたにおすすめ