Beauty

もうムダ買いしなくなる、おしゃれの法則「リレーション」って?

自分を一枚の絵だと考える

カオリ:そうなんだ。じゃあ、ほかにどんなものでもいいんですか? 小林:色だったら、バッグとイヤホンを同じ色にするとか、ペンケースでも、ボールペンでも、なんでもいいです。とにかく自分が入っている一枚の絵のなかでリレーションができていればいい。 カオリ:例えばペットボトルの飲み物でもいいんですか? オレンジって決めたら、オレンジジュースをいつも選ぶとか。 小林:絵のなかでリレーションができるのだったら、それもいいです。 カオリ:なんか面白いですね。 小林:そこまで考えると、選択の幅は広がるし、派手な色でも持つことができます。とにかくなんでもいいので、自分がこの色と決めたら、その色のものを集めてください。自分が赤でリレーションをつくると決めたら、これからは赤いバッグ、赤い靴、赤いマフラー、赤いイヤホン、赤いペンケースとか、そんなふうに集めていってください。 カオリ:赤い自転車もいいですよね。 小林:そのとおり。いつも何かを買うときには意識して、自分が選んだ色を集めて、コーディネートをつくるときには3色以内で、かつどこかにリレーションができるようにしましょう。それだけでかなりおしゃれに見えます。 カオリ:わかりました。どうもありがとうございました! <TEXT/小林直子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 小林直子【小林直子】 ファッション・ブロガー。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒、文化服装学院卒。東京コレクション参加ブランドのパターンナー、大手アパレル会社の企画室を経て独立。現在、湘南エリアを中心に独自に開発したメソッドによるファッション・レッスン、各種ワークショップを開催するなど活動中。5月14日に新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』を発売。ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール
小林直子
ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』は発売即重版に
1
2
3
Cxense Recommend widget
わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。


あなたにおすすめ