Lifestyle

愛犬はいつか先に逝ってしまう…別れの心づもり

16歳の愛犬を亡くした心理カウンセラーが考えるペットロス Vo.2>

 後にケフィとなる子犬が我が家にやってきたのは生後70日を過ぎた頃でした。

 ブリーダーさん宅に迎えに行くと、“動くシロクマのぬいぐるみ”のような子犬が必死に母犬を追いかけ、おっぱいをせがんでいました。産まれた直後に対面したときのモグラのような風貌は面影も無く、すっかり愛らしい生き物に変身していました。

 シャンプーしたての被毛は綿菓子のようにふわっふわ。体は真っ白で耳だけが飴色に輝いていました。ブリーダーさんが「耳の色が成犬になったときの色ですよ」と教えてくれ、「こんな美しい黄金色になるんだ!」と、成犬になったときの姿を思い浮かべてワクワクしました。

「楽しく過ごせるのはせいぜい10年」



 愛くるしい姿を抱きしめながらお別れの挨拶したとき、ブリーダーさんが言った言葉は今も鮮明に覚えてます。

「大型犬であるゴールデン・レトリーバーの寿命は短いものです。楽しく過ごせる時間はせいぜい10年くらいですから、う~んとかわいがってあげてください」

 それを聞いたときの私の心は「この愛らしい生き物とこれから10年も一緒に過ごせるのだ!」と、夢と期待でぱんぱんに膨らんでいました。

「うーんと、うーんとかわいがろう」
「一緒にいろんなところに行って、いろんなことをやろう」
「この子に、人(犬)生をたくさんたくさん楽しんでもらおう」
 子犬の体をぎゅうっと抱きしめながら、そう心に誓いました。

 もちろん、「犬の寿命は人間より短い」ことは知っていました。「あっという間に年を取る」という知識もありました。実際、私が小学生の頃から一緒に暮らしていた先代犬・りゅう(柴犬)は16歳4カ月で亡くなっていました。

 でも、そのときの私には「10年」はとても長く、たっぷりと時間があるようにしか思えなかったのです。

次のページ 
いつか別れが来ると頭では分かっていても…

1
2
あなたにおすすめ