Beauty

夏らしくハデな色を着たいけど…初心者でもスベらない2つの鉄則

●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」33 by小林直子●

Q.思い切ってビビッドな色が着てみたい



 夏に向かってビビッドな赤や黄色を着てみたいのですが、今までそういう色を着たことがないのでどうやって取り入れていいかわかりません。どうしたらいいでしょうか?

A.コツを使って思い切り楽しましょう



 色にも流行がありまして、ここ数年、積極的に明るくビビッドな色を取り入れるスタイリングが流行っています。この傾向は今後も続くと思われますので、赤、黄色、オレンジや、ブルーでもネイビーではなくエレクトリックブルーやコバルトブルー、ピンクもパステルカラーのピンクではなく濃いローズピンクなどを、取り入れたスタイルをつくれば、より今の雰囲気を表現できますのでお勧めです。

赤いワンピース

画像:WEAR

 そうはいっても、今までこういった色を着たことがない方も多いことでしょう。街ゆく人を眺めてみても、真っ赤なワンピースの女子をごくたまに見るぐらいで、そのほかのビビッドな色を着る人はまだまだ少数派。

 では今までビビッドな色のものを着たことがない人がどうやって取り入れたらいいか。その方法は2種類あります。

鉄則1)バッグ、ベルトなど小さい面積で取り入れる



 まず1つは、小さい面積に取り入れる方法。いきなり真っ赤なワンピースを着て街を歩くのは勇気が要るでしょう。そういう場合、まずは靴、バッグ、ベルトなどから取り入れるといいでしょう。

バッグだけ赤

バッグだけ赤 画像:WEAR

 それでもまだ面積が広いなと感じる方はバレッタやイヤリングなど、アクセサリーでも構いません。ちょっとずつ小さな面積から取り入れることで明るくビビッドな色に慣れていきましょう。

【チャイハネ】マルノネックレス

【チャイハネ】マルノネックレス 1620円 画像:WEAR

鉄則2)白や黒と合わせる



 2つ目です。それは白や黒といったニュートラルな色と合わせる方法です。

 白からグレー、黒へのグラデーションはニュートラルな色です。ニュートラル、つまり中立の色ですから、どんな色とも組み合わせることが可能です。例えば黄色や赤は何色と合わせるのがいいのか、という質問を多くいただくのですが、白、グレー、黒はどんな色と組み合わせても構いません。

黄色+グレー

黄色+グレー 画像:WEAR

 白と赤を、黒と赤を、黄色とグレーを、黄色と白を、合わせてもいいのです。

次のページ 
白・黒・グレーの、どれに合わせるべき?

1
2
わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。

あなたにおすすめ