Entertainment

斎藤工の走り方が変!? 上戸彩&斎藤工が『昼顔』を赤裸々に語る

 2014年に放送され、社会現象にまでなったドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(CX)。3年の時を経て、待望の映画版が公開されています。


 映画『昼顔』で再会を果たし、ふたたび禁断の関係に堕ちていくヒロインの紗和と、彼女と愛し合う北野を演じるのは、もちろん上戸彩さんと斎藤工さん。俳優としても大きなターニングポイントになったであろう本作について、おふたりに聞きました。

左から、斎藤工さんと上戸彩さん

左から、斎藤工さんと上戸彩さん

改めて罪の大きさを感じた(上戸)



――今回の映画版で改めて発見したことはありますか?

上戸:紗和と北野先生の禁断の関係について、時間が経ったからこそ、改めて重さを感じたというか。ふたりの愛の深さを羨ましいなと思う部分と、罪の大きさについて、改めて考えさせられる部分がありました。

『昼顔』より_1

『昼顔』より

斎藤:発見というか、時間を置くことで、禁じられることが鎮静していくかと思いきや、むしろ気持ちが大きくなっていくというか。抑制と時間に比例して渦を巻いていくんだなということは思いましたね。映画がドラマ直後の撮影だったら、今回の映画のようなバイオリズムでお互いに合致しないんじゃないかなと。

上戸:うん。

斎藤:紗和も北野も、お互い時間をかけて処理をしていたんです。感情的なものを。でもそれがやっぱりできていなかった。人間なので。あの紙に書かれた契約のようにはいかない。そこでは人間は計れないんだなということは思いました。

『昼顔』より_2

『昼顔』より



次のページ 
あの川は天の川なんじゃないかな(斎藤)

1
2
3
あなたにおすすめ