Lifestyle

私が不妊治療をやめた理由。仕事との両立でボロボロに【目指せデキたら婚!】

おおしまりえの目指せ!デキたら婚

 デキたら婚を狙って、独身だけど妊活をしている雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。

 不妊治療、それは始めたら最後、出産という幸せの道か、諦めるという道しかない、幸せと辛さが紙一重の人生選択です。

不妊治療の悩み デキたら婚を考える上で、最終的に行きつく可能性がある不妊治療とは、どのくらいの苦労を伴うものなのか。今回不妊治療を約3年おこない、最終的に子を諦めた女性に話を聞きました。

 彼女の名前はリサさん(仮名)。現在30代後半の彼女ですが、30歳の頃、約3年の不妊治療にトライし、現在は妊娠を望むことを諦めています。彼女が不妊治療を始め、そして諦めた経緯と、そのときの葛藤について教えていただきました。

突然始まる不妊治療、次々わかる驚きの事実に混乱



――30歳の頃不妊治療を開始されたということですが、当時の状況や実際おこなった不妊治療について教えてください。

リサ:きっかけはPMS(月経前症候群)に悩んで病院へ行ったことです。そこでチョコレートのう胞が見つかり、さらに元々の持病もあったので、不妊治療を勧められました。

不妊治療 当時はまだ若かったので、「え? 今?」って思ったけれど、妊娠を考えるなら持病の調子が良いときにしなさいと勧められ、だんだんと子を持ちたいと思うようになりました。

 実際の治療はタイミング、人工授精、体外受精と段階を踏んで約3年間行いましたが、最終的に2回目の体外受精直前に持病の調子が悪化。私の体優先で不妊治療を断念し、実子を持つことを諦めました。

――不妊治療中は大変なこともあったかと思いますが、当時を振り返って特に印象深かったことなどありますか?

リサ:まず、治療という面では「そんなトコロに問題が!?」という驚きが多かったです。例えば検査の結果、私と夫の体液の相性は悪いらしく、通常の行為では膣内でほとんどの精子が死滅することがわかりました。

 また不妊治療に伴い持病のアプローチを変えたら、薬の効果により生理が重くなったのも驚きでした。それによりチョコレートのう胞へのアプローチも変えたりして、「そこで困るか!?」って驚きの連続で、本当に心身ともに疲れたというのが記憶にあります。

次のページ 
治療と仕事の両立、やっぱり大変?

1
2




あなたにおすすめ