Beauty

真夏のおしゃれは小物が勝負。大人の小物選びルール

●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」37 by小林直子●

Q.真夏のおしゃれがわかりません



 真夏は暑過ぎて、どうやっておしゃれをしたらいいかよくわかりません。どうしたらいいでしょうか?

A.服を重ねるのでなく、装飾や小物で季節感を



 洋服はその名のとおり西洋の衣服です。そのため現在の日本の夏のような、気温が35度以上もあり、湿度も高く、ときどき台風もくる、そんな気候の地域には適していません。

 適していないので、西洋が提案するような夏の着こなしは、そのまま取り入れることはできません。ですから、日本の真夏のおしゃれには工夫が必要です。

 そうはいっても、暑さをしのぎ、強い紫外線から肌を守ることのほうが重要ですから、その対策をまずはとりましょう。おしゃれに見えないとしても、健康あってこそのおしゃれですから、まずはそちらを優先的に。

 その上で真夏のおしゃれはどうしようかということです。あまりに暑いので、上にどんどん何かを重ねて着るのは無理です。ヨーロッパのように、真夏でも夜になったら革ジャンを羽織って出かけるというわけにはいきません。では何ができるでしょうか。

小物で勝負

画像:WEAR  

 できるのは服を重ねるのではなく、装飾品をふやすことです。すなわちアクセサリー、ジュエリー、羽織るもの、髪飾り、サングラス……真夏はこれら装飾品を重装備して乗り切ります。

 幸い、今は過剰な装飾が流行です。これがミニマムな流れになると、あまりいろいろつけるのは格好悪いことになりますので、過剰が流行っているときは過剰に装飾するのがいいでしょう。

暑い国のカラフルな小物や、プラスチックなど透明な小物



 過剰に装飾するときに参考になるのは、西洋の衣服で取り上げられるときはエスニックやトライバルと呼ばれる暑い国のアイテムです。

インド製 手刺繍入ストール

インド製 手刺繍入ストール(NEW COLORS)12,800円 画像:amazonより(クリックでamazonに飛びます)

 インドのミラーワークが施されたストールや、モロッコのカラフルなカゴバッグやインドネシアのプラスチックカゴやベトナムの刺繍バッグ、フリーダ・カーロ風のメキシコのスパンコールのワッペンなど、夏の日差しによく似合うビビッドでカラフル、しかも決して高くはない価格のアイテムが日本でも数多く手に入ります。

ベトナムバッグ

ベトナム製 ハンドメイド刺繍 シルクトートバッグ(ノーブランド)6,980円 画像:amazon (クリックでamazonに飛びます)

 またエスニックやトライバルではないとしても、真夏の日差しに似合うような透明なプラスチック素材のバングルや、ラフィアの帽子やカゴバッグなど、夏にしか持つことができないアイテムを多く取り入れるのもよいでしょう。小物で季節感を強調するのも、いい方法です。

次のページ 
みんながTシャツの場にワンピースで行く

1
2
わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。

あなたにおすすめ