Entertainment

連ドラ『過保護のカホコ』は母親役・黒木瞳に注目! 振り切った過保護ぶりがもはや笑える

 先週12日に始まった日テレの水曜ドラマ『過保護のカホコ』。そのタイトル通り、高畑充希演じる娘・加穂子の甘やかされぶり、世間知らずぶりに「イライラする」「共感できる」と賛否両論巻き起こっている模様。

過保護のカホコ

「過保護のカホコ」日本テレビ公式サイトより http://www.ntv.co.jp/kahogo-kahoko

母親役・黒木瞳の振り切った過保護ぶり!



 ですが、何より際立ったのは黒木瞳演じる母親の異常さ! 小学生のように眠りこける娘を懸命に起こし、洋服を選んでやり、三段重ねの凝った弁当を持たせ、駅まで毎日送り迎えをするのは当たり前。娘のために準備した就活の面接会場までの地図には、まるで赤ペン先生のように丁寧な文字で詳しく説明が書かれているではありませんか。

 こんな調子じゃ、そりゃあ加穂子も内定なんかもらえるわけがない。父親のコネでも内定がもらえなかった結果、母親は就活はやめて花嫁修業をしましょうと提案。それに「そうだね、お母さん」と何の疑問も持たず笑顔で応じる加穂子。加穂子、本当にそれでいいのか!? …と、ツッコミどころ満載でもうめちゃくちゃです。グイグイくる母親のパワーに圧倒されます。


 ストーリーは公式サイトでも説明されているので簡単に。主人公・加穂子(高畑充希)が母・泉(黒木瞳)に尽くされまくり、一人じゃ何もできない22歳に成長してしまったというところからスタート。

 父親(時任三郎)は二人の様子に危機感を覚えながら、妻の迫力に負けて何も言えません。そこに加穂子の同級生で、厳しい家庭環境(っぽい)で必死に夢を追う麦野初(竹内涼真)が現れ、初めてその過保護ぶりを非難するというものでした。


 個人的に最も印象深かったのは、引き出しを開けるとレンタルビデオ店の新作コーナーのように美しく整然と並ぶDVD。それは加穂子の成長記録を撮りためたもの。このDVDを毎晩のように母娘でキャッキャと楽しんで観賞するというのだから、もうヒィ~~! という感じです。その過保護ぶり、いや母娘の蜜月ぶりがスゴイ。

 脚本は『女王の教室』『家政婦のミタ』(ともに日本テレビ系列)などで知られるベテラン、遊川和彦氏によるものなのですが、いや、恐れ入りました…。

次のページ 
とにかくこの母親、あやしすぎます!

1
2
あなたにおすすめ