Lifestyle

「僕を毎晩笑顔で出迎えて!」婚活で会った“年収1000万オヤジ”の一言にドン引き【シングルマザー妊活】

シングルマザー社長の妊活記 Vol.19】  バツイチシングルマザーの杉沢です。  このままだと将来娘が嫁いだ後、一人取り残され年老いた私を待つのは孤独死だけ……そんな未来を想像すると、男の子も欲しい! と妙な危機感に苛まれている今日この頃。  前回、人生初の婚活パーティーでまさかの童貞君に当たってしまった私でしたが、実はその婚活パーティーでは他にも出会いがあったのです。 ワイン好き

ワイン好きのイケメンと意気投合!

 例の童貞君をどうにか撒くことに成功し、一人ワインを飲んでいると、 「ワイン好きなの?」  そう声をかけてきたのは、白いアンクルパンツを履きこなす「AOKI」のCMに出てきそうなモデル体型の爽やかイケメンS氏。 【スペック】 年齢:36歳 職業:大手証券マン 推定年収:1000万円 結婚:未婚 外見:長身でモデル風。髪が無駄にテカテカしている 性格:高学歴・高身長・高収入だが遊び人 私「ワイン好きですよ」 S「そうなんだ! 赤、白?」 私「断然赤! 特にカベルネが好きだから、チリとか南米か、ボルドーが好き!」 S「いいね! 僕もボルドーワインが好きなんだ! やっぱりラフィット、オー・ブリオンは最高だよね!」 私「5大シャトーね。98年と2000年のオー・ブリオンは当たり年だけあって美味しかったな。」 S「おっ! 知っているねぇ! ラフィットの96年のヴィンテージは一生に一度は飲んでみたいよね!」 赤ワイン 自己紹介もせずに得意のワイン談義に花を咲かせる私たち。経験上、ワイン好きな男はその時点でそれなりの条件が保証されています。特に、S氏のような数十万円はする5大シャトーの話を当たり前のようにする男は、高い年収を稼ぎ、洗練されたライフスタイルを送っているに違いない!  やはり、不毛な合コンを繰り返すより、参加者をある程度ふるいにかけた状態のセレブ婚活パーティーの方が実りは多いのだ!! そう確信し、ただ「イケメン」「ワイン好き」というだけで、今度はS氏に興味深々の私。  そしてS氏も同じように私を品定めているようで、容姿、知性、アクセサリー、靴、バッグなどをさり気なくチェックしているのが分かりました。その日ばかりは美容院で髪をセットし、参加男性のレベルに合わせようと、普段は持ち歩かないエルメスのバーキンをクローゼットから引っ張り出してきてホントに良かった。
次のページ 
急に結婚の話へ。そこで見えた彼の本心
1
2
Cxense Recommend widget
あなたにおすすめ