Lifestyle

小林麻央さんと同じ“乳がんステージ4”のライター「乳房を取るしかないと言われて…」

 こんにちは。女子SPA!ライターのミフルです。

 先日、乳がんで小林麻央さんが亡くなられてしまいましたが、そのニュースをみて、私はすごく辛く、胸が苦しく、悲しい気持ちになりました。

 実は私も、小林麻央さんと同じステージ4の乳がんで治療中です。

小林麻央さん

小林麻央さん 2010年カレンダー

 4年前の、会社の健康診断で受けた乳房の超音波で再検査となり、発覚。

「ヤバイ……私死ぬ!?」

 悪性腫瘍の大きさは5cmほど、他リンパ節と骨に転移がありました。リンパ節以外に転移があるとステージ4という診断になるようです。
 諸説ありますが、ステージ4の5年後の生存率は10~30%台といわれています。

がん告知後、彼氏にフラれる



 がんを告知され、最初の1ヶ月ほどは、泣いてばかりいましたが、「辛い・悲しい」だけではなく「嬉しい・ありがたい」という感情から泣いたことも多かったです

 本当に辛くなった時こそ、周りの人たちの存在の有り難さが分かる。

 親からはもちろんのこと、当時交際していた7歳下の彼氏、友人からの励ましや心遣いは、私を大いに勇気づけてくれました。

 しかしながら、何もかもが他人事に聞こえ「アンタに私の苦しさが分かるの!?」とひねくれ、優しさに反発する感情もありました。

「僕は医者じゃないから病気は治せないけど、心の医者になるから。辛いコト・苦しいコトなんでもぶつけてくれていいからね」

 と彼氏がくれた素敵な言葉を、鵜呑(うの)みにしたワケではないですが、優しさにかまけて当たり散らして、しまいには逃げられたりもしました……

ひとり

写真はイメージです

 病人だから、難病だから、情緒不安定だから、といって何でも許されるワケではありません。

「がんになった運命を呪いたかったが、いい歳して結婚もしないでフラフラして、自炊も運動もしないで、お酒にタバコもやってきた罰かもしれない」

 がんの原因は不明とされているものの、食生活の乱れ・運動不足・飲み過ぎ・タバコと不摂生の権化だった私には、思い当たる節があり過ぎて、きっとそうではないのにがんになってしまった人と比べたら、同情の余地はなかったのかもしれない…そんな思いが駆け巡りました。

次のページ 
医師からは「乳房全摘手術をするしかない」筆者が選んだのは…

1
2
3
合コン・アンド・ザ・シティ 恋活・婚活女子の合コンマニュアル

自身の経験をもとに、恋愛を中心とした漫画・コラムを連載中の著者が 20年間2,500回以上の合コンで失敗と成功を積み重ねてきた結果、導き出した恋愛・婚活に効く『合コンテクニック』を盛りだくさんでご紹介!恋活・婚活の場で役に立つお墨付きの恋愛テクニックや男子の見抜き方にあるある話、珍エピソードまで盛り込まれています。コレを読めば、意中の男子のハートをガッチリつかめるかも?!




あなたにおすすめ