Entertainment

「タッキー&翼」活動休止。SMAP解散に続く激震にファンの胸の内は…

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ

 昨夏、ファンクラブ会員の元にSMAP解散の報せが届きました。25周年記念の年に、です。

 はたして今年。今度は15周年を迎えるタッキー&翼ファンクラブ会員あてに、「活動休止の報」が舞い込んだではないですか。

タッキーアンド翼活動休止 その内容は「中途半端な形で15周年を祝福してもらうより、一度グループ活動を休止して、各々がグループ活動に還元できるようなスキルアップを目指して個人活動に専念したい」というものでした。

“アイドルの活動休止”を“アイドルの人間ドック”ととらえる


 KAT-TUNは10周年記念イヤーに活動を休止したし、いったいどうなっておるのでしょう? 私たちは、“アイドルの活動休止”をどうとらえればいいのでしょうか。

 私が思うに、ジャニーズ……アイドルも“人間ドック”ならぬ“アイドルドック”に入る年になったのだと思います。「あれ?」と思ったら、休んでメンテナンスをする年に。

 昭和のアイドルは数年で入れ替わっていましたが、昨今のアイドルは“高齢”です。

 KAT-TUNにしても、タッキー&翼にしても、単なるグループ名ではなくて、すでにひとつの“人格”ですし、人格、志のある存在ならば、走り続けてきてふと重い疲れを感じたり、先行きに悩むのは無理からぬことなのでは。

 このまま走ったらマズい、危険だと判断したからこそ、止まる勇気をもてたのでしょう。

 KAT-TUNも“タキツバ”も、「必ずまた始動する」という前向きな思いあっての決断ですから、いたずらに悲しむことはないのかもしれません。

現在充電中のKAT-TUNも成果が目に見えている


 現在充電中のKAT-TUNは、亀梨和也さんがソロツアー中、上田竜也さんには主演ドラマが決まり、中丸雄一さんも舞台が控えています。

 “充電”の成果が目に見えているし、彼らはことあるごとにメンバーの話題を出したり、おたがいの公演に足を運んだりして、ファンを安心させています。

 きっとタキツバも、未来につながるよき活動を見せてくれるのではないでしょうか。

 止まることなく進む姿は美しいけれど、一度ピットインしてコンディションを整えるのも悪くない。

「ずっと応援してるから、安心してね」と言えるヲタでありたい


 ところで、今年はHey! Say! JUMPが10周年を迎え、来年はNEWSが15周年、再来年はTOKIOが25周年、嵐が20周年、関ジャニ∞が15周年を迎えます。

  もしかしてこれから先、ほかにも活動を休止するグループが出てくるかもしれません。

 そのときは、ただ泣いたり非難するばかりでなく、「ずっと応援してるから、安心してね」と言えるヲタでありたいものです。

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【みきーる】みきーる著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ジャニ活を100倍楽しむ本!』他。Twitterアカウント:@mikiru公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』

ジャニ活を100倍楽しむ本!

ジャニヲタ活動で凹んだときに効くさまざまな処方箋を紹介。「なかでも一番好きなのは誰?」と聞かれる“事務所担あるある"への回答も明かしていますのでぜひご覧ください☆


あなたにおすすめ