Love

36歳で26歳男子と結婚した女性が語る「年下男子と恋する方法」4ヶ条

<みきーるの女子マインド学>

 30代なかばになって、「この年になると、いい人はみんな結婚してる」とか、「合コンで男子の食いつきが悪くなった」とお嘆きの女子、けっこういますよね?

「ハタチのピチピチ女子に比べたら、まぁ戦力外だよね」なんて言われても、自由に生きてきた“できあがってる大人女子=戦力外女子”って、ある層から見るとかなり魅力的。

 ある層とは、ズバリ! 年下男子のことなんです!

みきーる『「戦力外女子」の生きる道 』

10歳年下の彼氏と結婚した経験を元にみきーるさんが上梓した『「戦力外女子」の生きる道 』 ※クリックするとAmazonにジャンプします。

 今回は10歳年下の彼と結婚して13年、今も楽しくやっている私みきーるが、年下男子との付き合い方をレクチャーさせていただきます。

趣味はモロ出しにせよ!



 一般的な婚活アドバイスでは、アイドルとか観劇とかゴルフとか、「お金がかかりそう」「夢ばっか見てそう」などとされる趣味は、隠しなさいと言われます。

 ですが、自分を楽しませ、活力となる趣味は愛すべき連れ子のようなもの。話題のきっかけにもなるし、いきいきと趣味を語る姿は素敵です。堂々と出していきましょう。

 年下男子は、楽しそうに生きてる女性に惹かれるものですよ。

年下彼氏

エッチのハードルは、彼女のハードルより低いと知れ!



 年下に限りませんが、男性にとって「エッチすること」のハードルは、「その人を彼女にすること」よりグンと低いのです。

 「私たち友だちでしょ?」とか言って近づいて夜を過ごし、「これで彼女になれた!」などと浮かれるのは大間違い。

 セフレになりたいならいいですが、“大切にしたい年上の女性”と思われたいなら、気安く関係を進めてはいけません。

デートはワリカンを徹底せよ!



 年下男子が戦力外女子を好む理由のひとつに、経済的にも自立していることが挙げられます。

 同い年や年下娘が「おごってぇ~」としなだれかかってくるのは、若い彼らにとっては正直負担。

 おごってあげる必要はないですが、彼のプライドを保ち自立心を促すよう、デートはワリカンに徹すること。おごってもらうのは、彼が成長してからでいいのです。

次のページ 
実年齢や結婚を言い出すタイミングって?

1
2




あなたにおすすめ