Job&Money

花より金券? 実は困る送別会のプレゼント、世間相場は?

 出会いと別れの春。年度末や年度初めは人事異動等もあり、送別の品を準備している方も多いことでしょう。異動が多い会社では、プレゼント選びもなかなか苦労しますよね。

 そんな皆さんの参考になりそうな、「働く女性の送別会プレゼント事情」(日経ウーマンオンライン調べ)の調査レポートを発見しました。

定番は「花」だけれど……



 送別会の主役へ贈るプレゼントの予算として最も多いのは「3000~5000円(28.6%)」。また、参加者全員から主役に贈るプレゼントの参加者ひとりあたりの予算は「1000円未満」が7割超。

 このデータではそもそも一人で選ぶ人が多いのか、複数名で贈る人が多いのか定かではありませんが、社内の異動や産休、退職等の場合は部署やチームでまとめて贈ることが多いようです。

 また、「主役へのプレゼントとしてどんなものが最適だと思いますか?(複数回答)」という問いについては以下の結果となっています。

<男性の上司や同僚に最適だと思うもの>
1位:花(47.4%)
2位:ネクタイや帽子などの服飾雑貨(33.3%)
3位:文具(万年筆、名刺入れなど)(28.1%)色紙、寄せ書き、メッセージアルバムなど(28.1%)
5位:お酒(24.5%)

<女性の上司や同僚に最適だと思うもの>
1位:花(76.6%)
2位:色紙、寄せ書き、メッセージアルバムなど(33.9%)
3位:スイーツ(31.3%)
4位:金券、食事券、チケット(23.4%)
5位:文具(万年筆、名刺入れなど)(22.4%)

 贈り物の定番といえばやはり花。大きな花束はそれひとつだけで「主役」感があり、見た目も華やかですよね。

花より金券のほうが使える?



 では、働く女性たちは実際にどんなものを贈ったり、もらったりしているのでしょう? 異動経験者に話を聞いてみました。

「うちの会社では頻繁に人事異動があります。その度に送別の品を用意しなきゃいけないので大変。一度、プレゼントを買う時間がなくて『スタバカード』をあげてみたらウケがよかったので、それ以来、切り札的に活用してます。困ったときの『スタバカード』」(営業・26歳)

 上記のリサーチでも、「最適なものが見つからず、『金券・食事券』を贈った経験がある」と答えた人は40.6%に及んでいます。スタバ好きならスタバカードはこれ以上ないプレゼントだと思いますが……。

「もらって嬉しかったのは、名前入りボールペン。真似して私も何人かにプレゼントしました」(事務・27歳)

 名前入りにはちょっと時間がかかるので、贈りたい場合は期日に注意!

「何人かで割り勘にできるときは、みんなで美容家電をあげます」(営業・26歳)

 デスクで使える加湿器等が人気のよう。

「私の部署では、異動するのが女性の場合、異動する側の人間が残った女性たちにハンカチをプレゼントするという習わしがあります。異動が決まったら連日飲み会で買いに行く時間もないし、お金もかさむ。なくなってほしい習慣です」(営業・28歳)

 こちらは送られる側が、プレゼントを用意しなければならないパターン。あげるものが決まってる点がせめてもの救い?

「送別の品といえば花が定番ですが、正直使い道に困るので自分が異動するときは『花はいらない』と言いました。今思えば逆にプレゼント選びで困らせてしまったかもしれないですね(笑)」(営業・27歳)

 確かに、一人暮らしで花瓶がない、満員電車で持ち帰りに不便など、大きな花束をもらっても困る場合もありますよね。不要なら思いきって言った方がお互いのためかも!?

<調査概要>
調査名:送別会に関する意識調査
調査機関:2014年2月
調査対象:日経ウーマンオンライン、日経トレンディ読者の男女192名
調査方法:インターネット調査

<TEXT/高野萌奈  PHOTO/Kataijudit>




あなたにおすすめ