Beauty
Fashion

魔術っぽい“パワージュエリー”を取り入れてみて【プラダ新作に学ぶ】

【モードをリアルに着る! Vol.1/小林直子】

 プラダの2017年秋冬コレクションで提案されているアクセサリーの中に「タリスマン」と呼ばれているシリーズがあります。

プラダのジュエリー「タリスマン」シリーズ



プラダ「タリスマン」シリーズ

プラダ「タリスマン」シリーズ

 タリスマンのシリーズに使われている素材はクリスタル(水晶)、貝がら、小枝などの加工されていないナチュラルな素材、またシルバーでできたミニチュアの動物などです。それらのパーツが複雑にデザインされ、ネックレス、ペンダント、ブレスレットなどとなり、それらをシルクのドレスやコーデュロイのジャケットなどと合わせたスタイルが提案されています。

プラダ「タリスマン」シリーズ2

プラダ「タリスマン」シリーズ

 では、タリスマン(お守り)とは一体なんでしょうか。

 タリスマンには確かにお守りの一面がありますが、それでしたらアミュレットという名称で事足ります。お守りという機能だけだとしたら、そのアクセサリーはその名のとおり、何かから守る、もしくは魔除けに使えさえすればよいのです。

 しかし、タリスマンと呼ばれるものにはそれ以上の役割があります。それは何かというと、その素材の性質やシンボルを使って、何かを達成したり、願掛けしたりすること。いわば魔術の遂行のために使われるのがタリスマンで、従来は魔術師や魔女の必携グッズでした。

クリスタル 魔術師や魔女のための秘密の道具だったタリスマンですが、現代人はもう既に同じ目的でクリスタルのブレスレットを身につけています。

 数年前、恋愛を成就させるためにローズクオーツのブレスレットやペンダントヘッドを若い女性が身につけたのが最初だと思いますが、今では男性の年配のサラリーマンまでもが堂々と手首に、たぶん金運アップのためと思われるルチルクオーツのブレスレットをしています。

ローズクォーツ 実は私たちはもう既に、アクセサリーをタリスマンとして使う方法に慣れ親しんでいるのです。つまり私たちは、そういったクリスタルやシンボルが持つ力を信じている、ということです。

魔術的なシンボルはファッションと相性がいい



 さて、そうはいってもプラダが提案しているタリスマンは、ハイブランドだけあって、デザインが洗練され、今の流行にふさわしいルックスとなっています。そこには古代の魔女が大窯で毒薬を作るときに身につけていたであろう、原始的で粗野でおどろおどろしく、おしゃれなどとは程遠いといった雰囲気はありません。

 そうではなく、きらびやかで、美しく、誰もが一度はしてみたいと思わせるような魅力にあふれたデザインとなっています。

 もともとファッションの世界はこういった魔術的な意味を持つグッズやシンボルと、とても相性がいいのです。ディオールのコレクションでは毎回、占星術のゾディアックのシンボルやタロットカードの絵柄などが使われ、そのデザインの美しさのみならず、謎めいた意味さえ表現しています。

ディオール

ディオール ZODIACストール 双子座プリント

 こういった、服や装飾に魔術的な意味を取り入れるという伝統はごく一般的で、昔からあるものですし、呪術的な装飾品は、特に民族衣装に多く見られます。

次のページ 
デザインのいいローズクォーツやクリスタルを選ぶ

1
2
わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。




あなたにおすすめ