Beauty
Fashion

60~70年代風の帽子「キャスケット」の新しい取り入れ方【MIU MIUに学ぶ】

モードをリアルに着る! Vol.2/小林直子】

 2017年秋冬のMIU MIU(ミュウミュウ)のコレクションでは、印象的なフェイクファーのキャスケットが提案されています。

Miu Miuさん(@miumiu)がシェアした投稿


 キャスケットとは帽子の一種です。帽子の頭の部分をクラウンと呼びますが、キャスケットはそのクラウンがマッシュルームのような形で、前側だけのひさしがついた帽子です。

 作りとしては、キャスケットの形に成型されたフェルトのもの、コーデュロイやべロア、フェイクファーなどの生地で6枚はぎのクラウンを作り、それにひさしがついたもの、全体が毛糸で編まれたニットのものなどがあります。

キャスケット

Heather アソート6ハギキャスケット (¥3,132)画像:WEAR

 キャスケットはもともと男性の狩猟用に作られた帽子で、そのことからもわかるように、どちらかというと、帽子の中でもボーイッシュな雰囲気を持っていて、フェミニンな装いにあえて男性的な要素を加えるためにかぶったり、中性的な雰囲気を作るためにもかぶられたりしました。

 キャスケットはMIU MIUだけではなく、その他のブランドでも多く取り上げられていますが、それは昨今の60年代、70年代スタイルの流行によるものです。

 60年代、70年代でキャスケットといって思い出されるのは、フランス人女優や歌手のキャスケットスタイルです。

 まず映画ファンなら誰もが思い浮かべるのは「突然炎のごとく」のジャンヌ・モローのボーイッシュなキャスケット姿でしょう。

Jules et Jim

『突然炎のごとく』(原題:Jules et Jim)一番左がキャスケットをかぶったジャンヌ・モロー

 ビッグシルエットのセーターとぶかぶかなパンツで男装したジャンヌ・モローが、男二人を従えて走っているシーンでかぶっていたのがこのキャスケットです。若々しく、ボーイッシュなイメージを作るのにキャスケットはうってつけでした。

 そのほかにも、フランソワーズ・アルディーやシルヴィ・バルタンといった、フレンチポップスのアイドルたちも好んでキャスケットをかぶり、元気ではつらつ、活動的なイメージを演出しました。

 ボーイッシュ、若さの象徴として使われてきたキャスケットですが、2017年のキャスケットはもちろん進化しています。60年代、70年代のままというわけではありません。

キャスケットも進化する



 では、進化したのはどこでしょうか。まずはエナメルやフェイクファーという、それまではキャスケットにはあまり使われなかった素材、そしてスパンコールなどの装飾やシルバーのバックルが使われるようになりました。

MIU MIU キャスケット

MIU MIUのキャスケット

 それによってボーイッシュな雰囲気を作るのではなく、あえてドレスに合わせてよりフェミニンでモードなムードに持っていき、それまでのカジュアルな雰囲気だけにとどまらない、より広い解釈の大人っぽくおしゃれなキャスケットが今の気分です。

次のページ 
今キャスケットを取り入れるなら…2つのスタイル

1
2
わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。




あなたにおすすめ