Job&Money

羽振りはいいのに貯金がない男を見抜く方法

 それなりに稼ぎもあるし、贅沢してるつもりもない。でも、全然お金が貯まらない……! という人には驚くほど似通った「生活習慣」や「金銭感覚」、「消費哲学」があった(年収500万円~800万円で「貯金100万円以下」という30代男性200人にアンケートを実施)。男女にかかわらず、貯まらない生活から離脱するヒントにしてほしい。

モテたい欲求は人一倍、記念日も大事にする

 人とのつきあい方は、想像以上に貯金額に影響を与える。友達や恋人との付き合い方を見ていると、「貯められない人」かどうか何となくわかるものだ。  ではお金が貯まりにくい人間関係とは? 「飲み会は3次会まで行くなど、とことん付き合う」(58%)が半数オーバー。ただし、積極的にエンジョイしている人ばかりでなく、「誘われると断るのが苦手な性格だ」(74%)が7割を超えている。 「盛り上がりに水を差したヤツと思われたくない。誰かが『帰ろうか』と切り出したところで、名残惜しそうに追随するのがベスト」(35歳・マーケティング)  このノリで飲んでいたら、飲み代が無駄にかかり続けるのは間違いない。  加えて、「同僚や友人よりランクの低い商品だと、どう思われるのか心配だ」(55%)も半数超えと、ある意味、真の日本人。それが周りにも理解されているのか、「結婚式の数合わせに呼ばれることが多い」(48%)とのこと。  一方、恋愛シーンでは積極的だ。「ぶっちゃけ、モテたい」は69%。 「モテたいと思わない人がいるか」(35歳・研究開発) 「女性と食事するときは奢る。かっこつけたい」(37歳・公務員)と、迷いはカケラもない。  そして8割以上が、「記念日は大事にする」(85%)、「部屋デートが嫌い」(83%)という。お金がかかるのも道理である。  セックスでも好奇心旺盛で、「アダルトグッズをいろいろ試したい」には68%がYES。 「彼女が失神するほどの逸品がどこかにあるはず」(37歳・自営)と、アイテム頼みで可能性を広げようという算段だ。 「セックスできなくても、喜んでもらえるならお金を使ってもまあいいか」(61%)、「安全日だと言われると真に受ける」(70%)という人のよさも。詰めの甘さと計画性のなさを感じないでもない。  全体的に見て、恋人として付き合うぶんには“気前がよくて楽しい彼”という感じがする。でも、羽振りがいい男だと思って結婚したら、貯金ゼロどころか借金があった……なんてことにならないよう、ご用心。 ※貯められない人の「人間関係」 ⇒【調査結果の詳細】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=77991 ※貯められない人の「恋愛関係」 ⇒【調査結果の詳細】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=77992 <PHOTO/Sergey Khakimullin> ― なぜかお金が貯まらない人の共通点【8】―




あなたにおすすめ