Entertainment

イケメンが添い寝、執事がマッサージ…疲れた女性に“癒しサービス”が人気!

 いま、疲れた女性を癒してくれる様々なサービスが盛況です。そんなサービス・お店を一同に集めた「イケメンフェスティバル2017」が去る10月に行われました。

 主催は女性向け動画サイトGIRL’S CH。運営元であるソフト・オン・デマンド本社を1~7階まで丸々使ったこのイベントに行ってきました!

 イベント報告Vol.3である今回は、ちょっと変わった新サービスのお店をふたつご紹介します。

添い寝、腕枕、頭なでなで…癒される~~!



 まずは出張添い寝屋「ローズシープ」の腕枕添い寝体験です。

 なにそれ!? 目の付け所がすごすぎるでしょ! と驚いている筆者を出迎えてくださったおっとり可愛い系のイケメンさん(残念ながら顔出しNGでした…)。

 まず、お部屋に入るとすぐにこの光景が目に飛び込んできました。

イケメンフェスティバル2017 出張添い寝屋「ローズシープ」 これだけでドキドキが止まる気配がありません。

 色々聞きたいことはありましたがすごい人気で予約が詰まっていたため、スタンダードな流れを説明していただきました。

 まず、ホテルやお客様のお部屋に入ると二人でリラックスしながらおしゃべり。

イケメンフェスティバル2017 出張添い寝屋「ローズシープ」二人でおしゃべり 男の子のパジャマってこんなにドキドキするもんなんですね、知りませんでした。

 そして、次はもう腕枕&添い寝です! 早い!

イケメンフェスティバル2017 出張添い寝屋「ローズシープ」腕枕 写真を撮るというミッションがあったため、腕枕されているのは筆者ではありません。悔しい!

 代わりに腕枕されているのはこのイベントのスタッフさんなのですが、自社イベントなのに思わず「たまらん…」って言ってました。わかる。

 料金はコースによって様々ですが、一番ライトな「クイックコース、2時間」で2万円+交通費(初回は5000円オフ)。無料オプションとしてアロマトリートメントも行なっているそうで、徹底的に癒しに特化したサービスです。男性はみなさんアロマトリートメントの研修も受けているそう。一緒にベッドに入るとはいっても、性的なサービスは一切ありません

 仕事の愚痴を聞いてもらうもよし、頭を撫でてもらうもよし、もちろんそのまま眠ってしまってもOK。眠ってしまったら起こさずにそっと帰ってもらうのも可能ですし、プランによっては朝まで一緒にいてもらうこともできます。起きたら朝食を作って仕事へお見送りしてくれる人もいるんだそう! 素敵すぎる!!

 男性キャストに話を聞きました。

――どのようなお客さんが多いですか?

「年齢層は20~60代と幅広いです。みなさん癒しを求めていらっしゃいますね。」

――心がけていることはありますか?

「まず、お部屋の明るさや温度は常に気にかけますね。安心していただかないと成り立たないので。そのうえでお客様が何を求めているのかを考えます。多くの女性に癒されて欲しいです。」

 イケメン、腕枕、頭ぽんぽん…。女性にとって三種の神器が揃いました。これで癒されなかったら何で癒されるというのでしょう。これからますます人肌恋しい季節、自分へのご褒美に利用する女性も増えそうですね。

次のページ 
「お嬢様」になって執事にマッサージしてもらう極楽体験

1
2
あなたにおすすめ