♂&♀
Lifestyle

1日1回のオーガズムで医者いらず!実は、女性の万能薬

【エリカ・アンギャルさん インタビュー Vol.1】

 ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして、世界一の美女を目指すファイナリストたちに“美しくなる食生活”を指南していたエリカ・アンギャルさん。

エリカ・アンギャルさん

エリカ・アンギャルさん

 このたび、栄養学や生理学など幅広い分野の知識が盛り込まれた最新刊『ラブダイエット~スイーツなしで体と心を満たす美の教科書』が発売されました。

『ラブダイエット~スイーツなしで体と心を満たす美の教科書』

※クリックするとAmazonにジャンプします。

 ページをめくると、「肌と肌の触れ合いが食欲を抑える」「セルフプレジャーは医療行為だった」「閉経後こそセックスをエンジョイできる」「情熱的なキスで最高のパートナーを見分けられる」などなど、気になるフレーズが。どれも本当ならばぜひ試してみたい……ということで、エリカさんに詳しく話を聞いてきました。

ハグで脱・スイーツ漬け!ペットやぬいぐるみでもOK



――最新刊のサブタイトルにある「スイーツなしで体と心を満たす」というフレーズ、スイーツ漬けの日本女性にとっては非常に気になりますね。

エリカ・アンギャルさん(以下、エリカ):日本女性のスイーツ漬けは私も心配しているところで、おそらくストレス過多&スキンシップ不足が原因で甘いものに逃避してるのではないかと思うんです。

そこで私がおすすめしてるのが“肌と肌の触れ合い”で、肌に触れたり触れられたりすると、オキシトシンというホルモンの分泌が促進されるんですね。オキシトシンは別名「愛情ホルモン」「幸せホルモン」などと呼ばれていて、ストレスを緩和し幸せな気分にしてくれる作用があり、これが足りていると気持ちが安定して食欲も抑えられるんです。

エリカ・アンギャルさん――なるほど。日本人って、恋人同士や夫婦でも理由なく触れ合うことってあまりないですからね。足りてないかもしれません。

エリカ:オキシトシンを分泌させるためのもっとも効果的な方法のひとつがハグ。ハグの文化がない日本人には気恥かしいかもしれませんが、たとえば肩に手を置くとか背中に触れるとか、ちょっとした触れ合いから始めてみてください。

夫や彼氏だけでなく、友だちや子どもとのハグでも精神安定効果は期待できますから、躊躇せずにどんどんハグしてほしいですね。身近にハグできそうな人がいないなら、ペットやぬいぐるみを抱きしめるだけでも気持ちが落ち着きますよ。

――それならシングル女性でも気軽に試せますね。

1日1回のオーガズムで医者いらず



エリカ:同じく精神安定をもたらす行為としては、「セルフプレジャー」も有効です。自慰行為に「恥ずかしい」とか「いやらしい」といった嫌悪感を抱く人もいるかもしれませんが、もともとセルフプレジャーは医療行為として広まったもので、バイブレーターは医療機器として発明されたものなんですよ。

19世紀のイギリスで、女性たちの情緒不安定や体の不調は子宮のうっ血が原因と考えた男性医師が、治療として女性器のマッサージを始めたんですね。すると、即効性のある医療行為として上流階級の女性たちの間で大評判になり、医師が重労働で手首を痛めてしまったんです。そこで手の代わりに医療行為を施せる電動振動機、つまりバイブレーターが開発されたわけです。その事実をもとにした映画(『ヒステリア』2013年)もあるんですよ。


――そういう話を聞くと、セルフプレジャーに対する罪悪感や抵抗感が薄れますね。「医療行為だから」というエクスキューズがあると、堂々と楽しめるというか。

エリカ:「自慰行為の話はタブー」という雰囲気がありますもんね。でも、恥ずかしいなんて理由でセルフプレジャーを遠ざけるのはもったいないこと。セルフプレジャーを行うと、オキシトシンのほか女性ホルモン・エストロゲンや若返りホルモン・DHEAなども分泌されるので、美肌効果や生理不順の改善なども期待できるんですよ。

――セックスでも同じようなホルモンは分泌されるんですか?

エリカ:もちろん、効果は同じなのでパートナーがいるなら定期的にセックスをするのがベター。ただ、パートナーのいない人や、パートナーとのセックスでは残念ながらオーガズムを得られないという人には、やはりセルフプレジャーがおすすめですね。英語のことわざ「1日1個のリンゴで医者いらず」にかけて「1日1回のオーガズムで医者いらず」というフレーズが聞かれるほど、オーガズムにはパワフルな効果があるんですよ。

たとえば、オーガズムは脳のパーツにも影響を及ぼすことが最近の研究でわかっていて、ストレス耐性に関わる脳の器官・扁桃体の働きをシャットアウトしてくれることで、不安感や痛み、うつ症状などが和らぐそうなんです。ドイツで行われた研究によると、頭痛を60%抑える効果もあるそうですよ(※1)。

エリカ・アンギャルさん――すごいですね。頭痛がしてたらセックスやセルフプレジャーをしようとは思わないですが、むしろ積極的にしたほうがいいんですね。

エリカ:その通り。ほかにも、男性ホルモン・テストステロンの分泌が活性化されることで、引き締まった体と強い骨が作られるといった体の面での効果もあります。本当に、オーガズムには数えきれないベネフィットがあるんですよ。セルフプレジャーで“自分にとって気持ちいい場所”“自分にとって気持ちいい触り方”を開発すれば、セックスでもオーガズムを得るためのヒントになりますから、どんどん楽しんでほしいですね。

次のページ 
クリトリスは成長し続け老化しない!

1
2




あなたにおすすめ