Lifestyle

愛する犬が倒れた日…それは突然やってくる

16歳の愛犬を亡くした心理カウンセラーが考えるペットロス Vol.9>

 2014年11月3日夜、出先にいる私に家族から電話が入りました。

「ケフィが立ち上がれないの。トイレもその場で、垂れ流しちゃうんだけど……」

 動揺している様子が、電話口からも伝わってきます。

元気だったころ、雪の上で遊ぶケフィ

元気だったころ、雪の上で遊ぶケフィ

突然、崩れ落ちるように…



 家族が最初に異変を感じたのは夜の散歩のとき。少し足がもつれ、よろける感じがあったそうです。それでも30分程度の散歩コースを歩き、ご飯もしっかり食べ、家族が夕飯を食べようとすると、いつも通りテーブルのそばまで寄ってきたそう。ところが、そこで崩れ落ちるように倒れ込み、まったく立てなくなったというのです。

 私は、とにかく急いで家に帰ることにしました。道中、頭には不吉な考えが次々と浮かんできました。

「今朝まで、とくに体調不良も無かったし、倒れる前兆もなかった。……ということは、もしかして突然、どこかの血管が詰まったか、神経が切れたりでもしたのでは?」
「命を取り留めたとしても、このまま完全介護状態になってしまうのかも」
「もしかしたら、今度の誕生日(12月25日)を迎えられないのではないか」

「ケフィがいなくなって私は生きていられるのか」



 どこに連れて行っても、だれと会っても「ぜんぜん年を感じさせない若い犬ですね」と言われて続けてきたケフィ。そんなふうに言われるたびに、私はひとりほくそ笑んでいました。

五色沼トレッキング

五色沼トレッキングにも一緒に行った

 16歳、17歳のレトリーバーが「長寿」として紹介されているのを見ては、「いやいや、ケフィはもっと元気で長生きしてしまうかも」「もしかしたら『ギネスブックに挑戦』なんてこともあるんじゃない?」……なんて密かに考えたりしていました。

 だから私にとって「ケフィが倒れた」という電話は、頭をいきなり鈍器のようなもので殴りつけられたような衝撃でした。これからも続いていくと信じていた、いや、そう心から願っていたケフィとの毎日が、「突然、終わるかもしれない」と思うと、脈は速くなり、胸がきゅーっとしめつけられました。動悸がして、浅い呼吸しかできず、呼吸困難のようになりました。

「ケフィがいなくなってしまったら、私は生きていられるのだろうか」

 ケフィがいない毎日を想像すると、まるで暗い洞窟にひとり閉じ込められてしまったような気分がしました。出口はどこにも無く、一条の光も差さず、いったいどちらに進んだらいいのかも分からない。ただ「絶望」という冷たい壁に囲まれているような気持ちがしました。

次のページ 
しっぽは振るけれど、立ち上がれないケフィ

1
2




あなたにおすすめ