Beauty

マイナス20歳も夢じゃない!噂の“赤坂メイク”って?

「シニア女性が激変する」と噂のメイクがあります。

 先ごろ、書籍『シニア ビューティ メイク』を上梓した赤坂渉氏は、シニア世代専門メイクの第一人者。これまでに美再生した60代以上の女性は4000人以上にものぼります。

“赤坂メイク”のビフォーアフターはこちら。

ビフォーアフター1

アラカンにはとても見えなくなりました

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=787899

ビフォーアフター2

シミが自然と隠れました

ビフォーアフター3

お肌の透明感が上品さを際立たせます

 みなさん女優のようにキレイになっていますが、厚化粧した感じはありません。

 そんな“赤坂メイク”の中で、誰でもできてもっとも効果の高い若返り法を、赤坂渉さんご本人に教えていただきました。アラフォー世代がやっても若見え効果抜群のテクニックです!

クリームチークの2色使いで若さを取り戻す



 赤坂さんによると、若い時にあって、年齢を重ねると失われてしまうのが、肌の血色感。チークでツヤと赤みを加えることで、うんと若返って見せることができる、とのこと。

 使用するのは、オレンジ系とピンク系の2色のチーク。肌なじみのよいクリームやリキッドタイプのチークを使うのがコツです。

1)耳横から頬のいちばん高いところまでオレンジをぼかす

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=788120

オレンジをぼかす
 いつものファンデーションを塗った後に、耳横から頬のいちばん高いところまで、オレンジ系のチークのばし、肌との境界線部分をていねいにぼかします。チークは頬だけに入れると浮いて見えがちですが、このひと手間で“おてもやん”になるのを防ぎます。

2)笑っていちばん盛り上がる部分に明るいピンクをのせる

ピンクをのせる
 にっこり笑顔をつくって、頬のいちばん盛り上がる部分にピンクのチークをのせ、指でのばします。強調したい部分は明るくツヤが出て、頬の側面はすっきり見えます。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=788133

チーク前後

左がチーク前、右がチークを塗ったあと。パッと華やかになりました!

 パッと華やかになりました!さらに小顔効果も。

 ほかにも、肌作りやリップ使いのテクニックを身に着ければ、冒頭の女性たちのように劇的美人になることも可能なのだとか。ほんのちょっとしてコツで、うんとキレイになれるんですね。

シニアビューティメイク

クリックでAmazonに飛びます

【赤坂 渉(あかさかわたる)さんプロフィール】
1983年生まれ。東京巣鴨のえがお写真館所属。3年間で美再生させたシニア女性は4000人以上。シニア向けメイクアップ講座の講師も年間50回以上務めるなど、シニア世代専門のヘアメイクの第一人者。近著に『シニア ビューティ メイク』(扶桑社)。

シニア ビューティ メイク

<TEXT/女子SPA!編集部>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

女子SPA!編集部
ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。




あなたにおすすめ