Beauty

「一食爆食い」と「終日ちょこちょこ食い」、2大食べ過ぎの予防策 

 こんにちは。ビューティーフードアドバイザーの高木沙織です。

 みんなでワイワイ集まっての食事や家で一人での食事。シーンは違えど、「つい食べ過ぎてしまう」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

筆者も誰かと一緒に食事をするとつい食べ過ぎてしまいます

筆者も誰かと一緒に食事をするとつい食べ過ぎてしまいます

 そんな“食べ過ぎ”にも、一食でたくさん食べてしまうタイプと、一日をとおしてちょこちょこ食べ続けるタイプとがあり、それぞれ原因・予防策が変わってきます。

 今回は「一食爆食いさん」「終日ちょこちょこ食いさん」それぞれに向けた、食べ過ぎを予防する方法をお伝えしていきます。

一食爆食いさんの原因・予防策



一食爆食いタイプさんの原因・予防策 とにかく一回の食事の量が多いのがこのタイプ。モリモリ食べて腹八分目を超えてもなかなか止まらない方が当てはまります。食後、「こんなに食べるはずじゃなかったのに」とパツパツなお腹を抱えて後悔することがないように、下記の項目を参考にしてみてください。

【原因】

 一食爆食いタイプの方は、知らず知らずのうちに食欲を増進させるような食生活をしているかもしれません。例えば、味付けの濃い料理を好んだり、あまり噛まずに早食いをしたり、柔らかいものばかり食べたりすることも食べ過ぎの原因になります。

 加えて、食事の回数を減らす欠食も次の食事で食欲を爆発させやすくなるので避けたいところです。

【予防策】

1. 調味料による味付けが濃いと食が進むので、生姜やニンニク、ねぎ、しそ、ゆず、かぼす、スパイスなどの香味野菜・香辛料を使ってアクセントにする。

2. 野菜は大きめにカットし、火を通すときはやや硬さを残す。

3. 噛み応えがある根菜類、海藻類を取り入れる。

レンコン4. 野菜や海藻類、キノコ類から食べ始め、低カロリーで食物繊維が豊富なものでお腹を満たし副菜・炭水化物の食べ過ぎを防ぐ。

5. もったいないから食べきるのではなく、残った食材はアレンジを加えて翌日に。

6. 長時間空腹状態で過ごさない。

次のページ 
終日ちょこちょこ食いさんの原因・予防策は?

1
2
あなたにおすすめ