Beauty
Fashion

黒っぽい冬コーデをパッと華やかにする買い足しアイテム3選/バイヤーMB

 ファッションバイヤーのMBです。

 この時期なんだか毎日同じような服装しちゃいますよね。今回は「コートやパンツ」などキーアイテム以外で簡単にバリエーションを増やす方法。アウターを何枚も買うのは経済的ではありません。

 でも大丈夫、実はちょっとした工夫でバリエーションは無限に増やすことができるのです。

案外知られていない「顔まわり」の印象


タートルネックT(長袖)TR 990円(GU)

タートルネック 案外気がついていない人が多い「タートルネック」の効能。実は我々は他人からトップス・パンツ・靴・小物と均一に見られているわけではありません。

 社会的な生物であり集団で生活する人類は本能的に「仲間を探しやすい」ように出来ており、「顔の認識」を優先して行おうとします(人面犬や人面魚など、ちょっとそれっぽいとすぐに「顔っぽく」感じるのは我々の本能から来るものです)。

 だからこそファッションコーディネートも「顔まわり」は極めて重要なポイント、顔に近い部分は印象を左右する効果があるのです。

 タートルネックは顔の近くである首まわりをカバーする衣類。顔に最も近い部分だけに重要度が非常に高い。例えば地味な無地のスウェットスタイルでも「華やかな赤のタートルネック」をインナーに入れてヒョコッと首から出ているだけで、女性的な印象をプラスできます。

 地味なスタイルが多い、コートが一枚しかなくバリエーションに乏しいなどの人はインナーに「カラフルなタートルネック」を取り入れてあげると良いでしょう。全く同じ着こなしでもタートルネックにより首回りに「赤」がくるか「緑」がくるかで印象は違ったものになるのです。

柄インナーを選ぶならボーダーよりストライプ


ストライプオーバーサイズシャツ(長袖)TR 1,990円(GU)

ストライプシャツ 上のタートルネックと同じ理屈でこちらもおすすめ。クルーやVネックのニットの中から、こうしたカラフルなストライプ柄を出してあげると顔近くの印象が変わり、着こなしにバリエーションが生まれます。

「ボーダー柄」はカジュアルに見えるものですが「ストライプ柄」は案外そう見えないもの。縦長のスリムな印象が強く、またドレスウェアでもよく見かける柄づかいであるため、同じカラフルな柄づかいでもボーダーほど子供っぽくはならないのです。

 またシャツなら春先に1枚でも使えます。こちらはオーバーサイズで体型も出にくいので1枚で着用してもOK。身幅や肩幅はユルい割に袖周りはタイトになっているため、ルーズすぎる印象もありません。今の時期はインナーで、春先は1枚で使いましょう。

次のページ 
大判ストールを選べば帰省時のバリエーションが増える

1
2
あなたにおすすめ