Beauty

間違ったブラウンアイシャドウ使いで目が小さくなる!NGな塗り方5つ

 こんにちは。ひとりひとりの骨格と筋肉に合わせたパーソナルメイクを提案する、MAMEW骨筋メイク(R)公認アドバイザーの此花さくやです。

 ブラウンアイシャドウはどんなシーンでも使えるので、持っている人も多いと思います。しかし、塗り方によっては目を腫れぼったく、小さく見せてしまうことも。今回は、ブラウンアイシャドウのNG5つをお届けしたいと思います。

NG1:眉下にハイライトカラーを入れている



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=830220

眉下にハイライトカラーを入れている ハイライトは目元を明るくし、アイシャドウの発色をよくするために大切。でも、まぶたの眉下の骨の上ギリギリにハイライトを入れてしまうと、眉下の骨が出っ張り、まぶたのくぼみが目立って見えてしまいます。まぶたがくぼんできた人は、眉下の骨部分にはハイライトを入れずに、まぶたのくぼみから下の目のキワまで入れましょう

ハイライトは目の中央から左右にジクザグに入れる ハイライトは目の中央から左右にジクザグに入れると、くぼみをきれいにカバーできます。

NG2:瞳の色とあっていないブラウンカラーを選んでいる



MAMEW「アイカラー」

MAMEW「アイカラー」2,160円(税込)

 くぼみやたるみが気になる目元を大きく見せるためには、瞳の色と同色系のブラウンカラーを選ぶと目力が強くなります。イエローベース肌の人は黄みがかったブラウン、ブルーベース肌の人はピンクがかったブラウンをセレクトしましょう。

NG3:ブラウンのグラデーションを作っていない



⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=830262

ミディアムカラーが複数ある場合は、混ぜて使っても◎

ミディアムカラーが複数ある場合は、混ぜて使っても◎/ルナソル「マカロングロウアイズ」01 Cassis 5,000円(税抜)

 ハイライトを入れた後は、ミディアムカラーとしめカラーをまぶたにのせます。ブラウンアイシャドウを効果的に使うには、ミディアムカラーにはライトブラウンを、しめカラーにはダークブラウンをチョイス。ミディアムカラーはハイライトカラーより濃い色にすると目元にグラデーションが完成し、目元を立体的に見せます。

次のページ 
残る2つのNGは?

1
2




あなたにおすすめ