Entertainment

ヘンリー王子の結婚式には誰が来る?ベッカムや有名歌手に…オバマ氏も?

 昨年婚約を発表したイギリスのヘンリー王子とメーガン・マークルさんが、結婚式に2640人の一般市民を招待するという。

 5月19日にウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で挙式するにあたり、2人は会場への到着時や、城から披露宴への移動の様子を、一部の一般人に公開するつもりであることを明らかにした。

ヘンリー王子、メーガン・マークル

5月19日に挙式をする予定のヘンリー王子とメーガン・マークルさん

 今回の決定についてケンジントン宮殿は、育ちや年齢を問わずに、強い率先力を見せている若者やコミュニティへ奉仕している人など、多岐に渡る一般市民から選出するよう王子たちから求められたと発表している。

 内訳は、1200人は9区間の統監による選抜200人はヘンリー王子とメーガンさんが関与しているチャリティ団体100人はウィンザーにある2つの学校の生徒610人はウィンザー城の地域メンバー530人はイギリス王室とクラウン・エステートからになるようだ。

 さらにケンジントン宮殿は、こうコメントしている。

「ヘンリー王子とメーガン・マークル氏は自分たちの結婚式を、一般市民の方々も参加していると感じられるようなものにしたいとおっしゃっています」

「この式は、他のすべての結婚式と同様、新郎新婦のキャラクターや価値を反映する面白みや喜びに溢れたものとなることでしょう」

セレブは誰が参列する?飛び交う憶測



 ヘンリー王子の結婚式には、エリザベス女王を筆頭としたイギリス王室のメンバーのほか、メーガンの両親も参列する予定となっている。

 一方、5月のロイヤルウエディングにどんなセレブが参列するか、メディアでは色々な憶測が飛び交っている。

 現段階で、式に招待されたことがわかっているのは、イギリスの人気女性アイドルグループ「スパイス・ガールズ」のメンバーたち。“スケアリー・スパイス”の愛称で親しまれたメラニー・ブラウンが、トーク番組出演中に「メンバー全員が招待状を受け取った」と話したことから明らかになった。


 そのほか、デビッド・ベッカムやエルトン・ジョン、エド・シーランなども招待されていると噂されている。

 ヘンリー王子と親交の深いアメリカ前大統領のオバマ氏も夫婦で招待されるのでは? との情報もあるが、これについてヘンリー王子は言及を避けている。というのも、現職のトランプ米大統領は式に招待されないであろうと言われており、そういったなかでオバマ夫妻を招待するのは「問題アリ」とするむきがあるようだ。

 さらに、「ヘンリー王子の2人の元カノも式に招待されるかも」なんて情報も。もしかして、マークルさんの元夫も…?!

 こんなふうに、いろいろと報道が過熱しているが、全世界が注目するロイヤルウエディングはもうすぐ。新郎新婦はもちろん、当日どんな顔ぶれが集まるのかにも注目したい。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

あなたにおすすめ