Entertainment
Love

矢口真里の再婚は大丈夫?「不倫の果ての結婚」失敗/成功するポイントとは

結婚しても“日陰の身”のままだった

 彼は子どもたちとは頻繁に連絡をとり、一緒に食事などをしているらしい。それも彼女にとっては決して気持ちのいいものではないそうだ。 「私は彼の子どもたちに紹介もされていません。きちんと結婚したものの、やはり日陰者扱いなんだなと悲しくて。私も子どもがほしいけど、彼は年齢からいっても『もういいよ』って。私のことなど考えてないんですよね」 略奪婚カップル 彼にしてみれば、彼女の望みだった“結婚”をすることができた。だから彼女は満足しているだろうと思っているのかもしれない。結婚して1年なのに、あれほど待ち望んだ結婚なのに、彼女はすでに離婚も視野に入れていると言う。  こういうケースで彼の子どもがもっと小さい場合は、彼が学校行事に参加するなど子どものことで出かけるケースが多く、せっかく結婚しても一緒にいられないと嘆いている女性もいる。男は「習慣」を変えるのが苦手であり、「歴史」に価値を置きやすい。だから新たな生活が始まれば、前の結婚生活を懐かしんだりするのだ。もちろん、子どもは前の結婚生活における「宝物」なのだから、そうそう簡単には見捨てられない。  不倫からの再婚がうまくいくかどうかはケースバイケースだが、男性に家庭があって子どもがいて、女性が若いなら「まず結婚ありき」ではなく、結婚後の生活をきちんとシミュレーションする冷静さが必要かもしれない。 <TEXT/亀山早苗> 【亀山早苗】 フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数
亀山早苗
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ