Love

年下男子にハマッた31歳看護師。1年遊ばれ「最後のLINEに絶叫しました」

 大好きな彼の本命になりたくて悪戦苦闘してしまったイタイ恋愛経験、女性なら一度はあるのではないでしょうか? 今回、その経験を語ってくれたのは看護師をしている麗子さん(仮名・31歳)。「年下男子にものすごくハマりました!」と語る麗子さんが経験した恋愛とは……。

あっという間にハマってしまった、7つ年下の彼



「彼と出会ったのは知り合いに連れて行かれたバーで、そこでスタッフとして働く彼に一目惚れしてしまったんです」

 麗子さんによると彼は「松坂桃李くんを童顔にした感じの細身の高身長」だったそう。

ハマる恋愛

写真はイメージです(以下同じ)

「その日は名刺だけもらって帰りましたが、家に帰っても彼のことで頭がイッパイ。もう1度会ってみたいと思い、次の日が夜勤の前夜に『今日、飲みに行こうかな~』とさりげなく連絡してみると、彼からは『仕事休みだけど行こうかな~』との返事が……!

 淡い期待を抱きつつ店へ行って飲んでいると、彼が来ました。でも、彼は他の女性客と話してばかりでモヤモヤ……。終電もなくなって店が空いたときに、彼から急に『出よっか』と言われたんです」

 待たされたこともあり、そのままホテルに行ってしまった麗子さん。彼は麗子さんよりも7歳年下の23歳でしたが、すっかりハマってしまったといいます。

「顔もですが、年下なのに店の外ではお金を出してくれたり……と男気があるところが良かったんです。あととにかくHが強い! オールしてもお酒飲んでも全然元気なんです。同世代の元彼はお酒を飲むと全く元気がなくなっちゃう人だったんで、若いってこんなにスゴイんだって感動しました(笑)」

彼の部屋には女の影……それでも諦めずに出た行動とは?



 その日から、麗子さんの悪戦苦闘の日々が始まります。

「彼の仕事が終わるまで待って、そこからホテルに行く……という感じですね。彼にはファンも多くて、同じように店が終わるのを待っている女の子のお客さんが何人もいました。店が終わるのは朝7時、混んでいると8時過ぎることもあります。中には諦めて途中で帰る子もいますが、私は目の下にクマを作って意地でも待っていましたね」

 オールで飲むのは30代のお肌には禁物ですが、何が麗子さんにそこまでさせたのでしょうか?

「すごくモテるのは明らかなのですが、それを一切隠そうとしないんですよ。彼の部屋には常に女性の影があって、女物の歯ブラシや若い子向けの雑誌が置いてありましたね」

 自分史上最悪の恋愛 他に女がいると分かっても、関係をやめられなかったんですね……。

「ああ、若い子を連れ込んでるんだなーと対抗意識が出て、私も負けじと使用済みのメイク落としシートを置いていったこともあります。そんなことをしても、特に注意されることもなかったです。私って気づいてないのかもしれないですけど(笑)。どんなライバルがいるのかも分からないので、それが逆に燃えたのかも……。

 店にいる彼の女性客が全員、敵に見えましたね。とにかく多く会えることを目標に彼のSNSは常にチェックして、いつ呼び出されてもすぐに行けるように近くで飲んだりしてましたね。それでも関係を続けていれば、いつか報われるんじゃないかと思っていたんですよ……」

次のページ 
年下くんとの終わりは突然に……

1
2




あなたにおすすめ