Gourmet

“ツウ向け調味料”買ってみたら最高だった!刺身が料亭風に、炒め物がプロの味に

 市販ドレッシングよ、さようなら。

天然鮎醤(泉屋物産店) 仕事柄、さまざまな食材・調味料に出逢いますが、こんなにも感動したアイテムはありません。それは、『天然鮎醤(泉屋物産店)』という「鮎(あゆ)」の魚醤(以下、鮎醤)。以前、伊勢丹食品バイヤーも認めた鮎の魚醤をご紹介したことがありますが、それとは全くの別モノ、別世界! 私はコレを知ってしまい、ドレッシングを買わなくなったほどなんです。

 そうです今回は、この鮎醤をクローズアップ! おいしさの魅力や、身近な活用法をご案内したいと思います。

長良川の鮎は、世界農業遺産! 天然鮎で作られる絶品魚醤



 今回主役となる鮎醤は、岐阜県・長良川の鮎を使って作られる名産品。長良川は日本三大清流とも呼ばれ、特に「清流長良川の鮎」は世界農業遺産(Globally Important Agricultural Heritage Systems[GIAHS:ジアス])に選ばれたほど、世界的に評価されています。

 この長良川の天然鮎を、骨や内臓も一緒に丸ごと塩漬けにし、2年間かけてじっくり発酵させて作られたのが、鮎醤なんです。

天然鮎醤(泉屋物産店)タレ 見た目としては、ブラウングレーのドロリとしたタレ。一口なめてみると、力強い塩気の中に、しっかりとした旨味。苦味。香り。この香りは、酒盗などの塩辛系をさらに究めた感があり、これを「臭い」とは決して言いたくない格調高いテイストにまとまっていて、「これぞ発酵食の王様!」と叫びたくなる傑作品です。

 そして何よりもすばらしいのが、活用度の高さ! 珍味の枠を超え、普段の定番料理をビシッとランクアップさせてくれるんです。それでは実際にどんなものがオススメなのか、いくつか紹介してみましょう!

刺身、野菜炒め、卵かけごはん…万能過ぎて驚いた!



(1)刺身に数滴落として、料亭風に。

鮎醤 刺身に数滴 いつもの醤油をやめて、刺身に数滴たらしてみてください。この奥深くまろやかな味わいが気に入れば、鮎醤を手放せなくなるスタートラインに立った証拠。病みつきになること間違いなしです。料亭や割烹などで出てくる「肝醤油」にも通じる味わいで、ワサビとの相性もよく、どんな刺身も濃厚に楽しめます。

次のページ 
炒め物に使って感動! 他に使える家庭料理は?

1
2
あなたにおすすめ