Beauty

ストレスで、バストは固く縮んでいく。2分でふわふわにする方法とは?

 薄着の季節に、気になるのがバストの形。

1日2分でマシュマロ美乳!

田家麻生著『1日2分でマシュマロ美乳!』

1日2分でマシュマロ美乳!』には、自宅で簡単にできるバストケアがわかりやすく綴られています。著者は、バストアップ研究家の田家麻生(たいえ まき)さん。長い年月をかけバストアップ+マシュマロバストに導く独自の方法論を開発。本書ではストレッチモデルも努めており、その美乳にはため息が出るばかり。

1日2分でふわふわの美乳になるストレッチ


 本書は1日2分のストレッチを12週間続ける構成になっています。ここではポイントをしぼって、「1日2分でふわふわバストのベースを作るストレッチ方法」をお伝えしましょう。

【場所】
 角のある壁がベスト。角のない壁でも、腕を引っかけられるポイントを見つけて、取り入れやすい場所を見つけましょう。

【時間】
 1日の中でいつでもOK。生活のリズムをつくることが大切なので、自分でタイミングを決めると続けやすいです。

【基本的な手足の置き方】
 足は踏ん張れるように、前後に少し開く。壁(角の壁)に腕の筋肉を固定させることが、効果アップにつながります。

 準備が整ったら、レッツトライ!

基本的な手足の置き方

基本的な手足の置き方。足は踏ん張れるよう少し開いて、壁に腕の筋肉を固定。(C)田家麻生、株式会社イースト・プレス(以下エクササイズ画像すべて同じ)

【美乳ベースの作り方】
1.腕をくの字に曲げ、肘の内側を壁に引っかける。ワキをグーッと伸ばす。

1・ワキを伸ばす

1・ワキを伸ばす。腕はヒジの内側(小指側)を壁に引っかけ、手と同サイドの足を前に出す。

2.ワキ肉を、もう片方の手でキャッチ。この時、指先が肩甲骨にふれるようにする。

2・ワキ肉をキャッチ

2・壁につけていない方の手でワキ肉をキャッチ。この時、指先を背中側の肩甲骨にふれさせる。

3.前方へ向かって踏み込み、ワキ肉をバストのほうへグッと引っぱる。

3・前方へ踏み込み

3・前方に向かって踏み込み、ワキ肉をバストのほうへ引っぱる。息を「はー」吐きながらゆっくり伸ばす。

4.スジが伸びている体感があるのを確認し、「1分間」静止する。

5.逆サイドも同じように行う。

 これ、私も実際にやってみました。率直な感想は以下。

・二の腕からワキにかけて、かなりスッキリする。
・上半身の身体のコリが取れる気がする。
・バストの形が整ってくる。

 ベースのストレッチだけで、これだけの効果。本書では、このストレッチを1週間続けると「バストの外側に柔らかいお肉ができるのを実感できる」と紹介しています。

次のページ 
美乳作りの「敵」と「味方」って?

1
2
あなたにおすすめ