Beauty

温泉でホントに美白になる?美容液よりすごい温泉の選び方

 温泉に入ると、なんだかお肌の調子がいい…と実感している女性も多いでしょう。これ、医学的にもホントなんです。

 今、温泉の健康効果、美容効果が注目を集めています。今回は温泉と美肌の関係について、『医者が教える最強の温泉習慣』の著者で、医学博士の一石英一郎先生が解説します。(以下、一石先生の寄稿)

海地獄@大分別府温泉

大分県・別府温泉の温泉噴出口、通称「地獄」。一番大きな「海地獄」は硫酸鉄が溶解してコバルトブルーです

毛穴が目立つ人には、ミョウバンを含む温泉


 前回ご紹介したとおり、温泉は老廃物や有害ミネラルのデトックスを促してくれるだけでなく、お肌に塗ると皮膚に直接作用します。たとえば弱アルカリ性の泉質の温泉は、皮膚の表面がツルツルになります。

 また、「何となく化粧ノリが悪いな」「毛穴が目立ってきたな」というお悩みのある方は、「ミョウバン」を含む温泉を選ぶといいでしょう。ミョウバンには、毛穴がキュッと閉じる「皮膚収れん効果」があるので、化粧で滑らかな肌を演出でき、若々しく見せてくれます。

実際に美白効果が期待できる石膏泉


 さらに温泉の美白効果も見逃せません。「美白に効く」とうたわれている温泉は日本各地に存在し、たとえば、「日本三大美人の湯」で知られる群馬県の川中温泉は、新陳代謝を高める効果のある硫酸カルシウムを豊富に含む「石膏泉」と呼ばれる泉質であり、実際に美白効果が期待できます。

 こちらはまだ研究を待つ段階ではありますが、石膏泉以外にも、私が美白効果を期待している温泉があります。それは、酸化を抑える還元剤として使われる「硫化水素」や「硫黄」を含む温泉です。

温泉イメージ 肌が黒くなる主な原因は、アミノ酸の一種である「チロシン」が酸化し、「メラニン」が生成されることによるものですが、硫化水素や硫黄はこうした化学変化を抑えてくれるため、美白効果も期待できるのです。

 ただし、肌の色に影響する要因は、日照や個人の遺伝子など様々な可能性がありますから、温泉がどういった方に美白効果をもたらすのかについては、さらなる研究が必要です。最近、私は日本で最も硫黄成分が強いとされる新潟県の月岡温泉で現地の聞き取り調査をしたのですが、現地の人の反応は様々で、「友達はむしろ色黒だ」と言う人もいましたから(笑)。

 このように、研究途上の部分はありますが、温泉が身体の内面・外面から美容効果をもたらすのは明らかで、ひいては老化現象さえも防いでくれます。いつまでも若々しく健康でいたい方にとっては、温泉習慣はまさに“最強”なのです。

「ファンゴ(温泉泥)」の施術やコスメも


 ちなみに温泉の美容効果をとくに集中的に得たい人は、「ファンゴ(温泉泥)」を利用するとより効果的かもしれません。ファンゴとは、温泉地で取れた泥を温泉のお湯を約1か月かけ熟成させたものを身体に塗る方法であり、1人あたり10kg以上もの温泉泥を使いますから、自然由来の有効成分をたっぷりと体内に取り込むことができます。

 昨今は、各地域独自の天然鉱物と配合した「ご当地ファンゴ」なるものも開発されており、化粧品などにも活用されているようですから、なかなか温泉に行けないという人は、こうした商品を活用されるのも手でしょう。

例)・神奈川 湯河原温泉ファンゴのサイト

湯河原温泉ファンゴ

湯河原町をあげて取り組んでいるファンゴ http://y-fango.site/

 ファンゴの紹介や、施術を受けられる日本各地の施設を紹介している。

・大分 別府温泉ファンゴ(80g、税込1026円)

別府温泉ファンゴ

一石英一郎氏

一石英一郎氏(撮影/林紘輝)

【一石英一郎先生プロフィール】
1965年、兵庫県生まれ。医学博士。国際医療福祉大学病院内科学教授。日本内科学会の指導医として医療現場の最前線を牽引する一方、伝統医療と西洋医療との知見の融合にも造詣が深い。温泉入浴指導員の資格も有するなど、温泉を活用した健康増進にも精通する。

<文/一石英一郎>

医者が教える最強の温泉習慣

動脈硬化、糖尿病、高血圧、がん、うつ、慢性疲労、肩こり、不眠etc.。温泉が持つ驚異的な健康効果をエビデンスに基づき医学博士である著者が解説

あなたにおすすめ