Entertainment

玉木宏と木南晴夏の結婚…相性を筆跡で診断すると、新婦は変わり者?

 筆跡アナリストで心理カウンセラーの凛音です。

 電撃結婚が報じられた、俳優の玉木宏さんと女優の木南晴夏さん。意外なカップルだけに、驚いた方も多かったのではないでしょうか。とはいえ、玉木さんは“最後の砦”といわれる大物独身俳優の1人。さぞかしロスを訴える女性が多く出るかと思いきや、交際の噂がなかっただけに、慎重な大人のお付き合いを感じさせ、世間の反応は祝福ムードが優勢のようです。


 そんなプライベートが見えない2人。どんな性格なのか、さっそく筆跡を分析してみたいと思います。最後に「相性のいい筆跡の特徴」についても少し紹介するので、最後まで読んでいただけたらうれしいです。

玉木宏は理想的な夫の筆跡


玉木宏の筆跡

玉木宏さんの直筆メッセージ/NECの公式サイトよりhttps://jpn.nec.com/

 まずは玉木宏さんの筆跡から。全体的に右上がりで、縦棒の上部が短めなので、保守的で協調性の高いタイプ。左に字が流れているため楽観的で、横棒の感覚もほぼ均等であることから、感情の起伏も激しくないようです。ただ、角を角ばって書き、且つへんとつくりの間が狭いところを見ると、真面目で職人気質なところもあるよう。ちょっぴり頑固なタイプかもしれません。

 そして玉木さんの字で最も特徴的なのが、左払いの長さ。左払いを長く書く人は、自分を美しく見せるのが上手なモテタイプ。これは芸能人に多く見られる筆跡で、誰もが放っておけない華やかさを持つ人です。

 また、「よろしく」の部分が小さくなっているところを見ると、ギリギリまで改行したくない傾向があるよう。このような人は、一途で誠実な人が多いです。最後の「宏」の字も末広がりになっているので、安定志向の持ち主といえるでしょう。

 総合すると、玉木さんの性格は「保守的で安定志向、ちょっぴり頑固なところはあるけれど、真面目で誠実。いつも前向きなモテ男子」という完璧すぎる結果に。結婚するには最高の男性と言えそうです!

木南晴夏は“変わり者”の傾向が



 では次に木南さんの筆跡。玉木さんの字に比べて角が丸っぽい字なので、ルールを重んじるよりも物事を柔軟に捉えるタイプ。場合によってはややルーズな面もあるかもしれません。また、横棒の感覚が均等ではないので、論理よりも感情で動く傾向があるようです。想像力や直感力があると思われます。

 横棒の左側を長くとる傾向があるので、非常に頭の回転が速く、さらにハネが弱いところからも、フットワーク軽くテキパキと仕事をこなすことができそう。

 ただ、やや右下がりの字があるところを見ると、独特な考え方や人と違う意見を持っている“変わり者”の要素があるよう。木南さんは朝から晩までパンを食べ、食パン一斤を丸かじりするという異常なまでのパン好き。そんな“変わり者”の部分が筆跡にも表れているようです。


 また、玉木さんに共通して見られる特徴としては、へんとつくりの間の狭さ。木南さんもプロフェッショナルタイプで、少々頑固な部分がありそうです。

 以上をまとめると、木南さんの筆跡は「柔軟で頭の回転が速く、行動力、想像力に長けているが、少々独自の考え方にこだわる変わり者の傾向あり」という印象でした。

次のページ 
2人の相性は?

1
2




あなたにおすすめ