Lifestyle

恋人が2人、だけど不倫でも浮気でもない。「ポリアモリー」という生き方

わたし、恋人が2人います』。シンプルながら衝撃的な本のタイトルに、好奇心がくすぐられます。

 ポリアモリーとは、「複数の人と同時にそれぞれが合意のうえで性愛関係を築くライフスタイルのこと」。ポリアモリーを自認する著者のきのコさんは、「メーカー勤務の会社員で社会人9年目。趣味はカラオケとスポーツ」といった、ごく普通の女性です。

2人の恋人は、関係に納得しているの?


 私を含め大半の方の疑問が、「どうして2人と同時に付き合えるの?」ではないでしょうか。通常、2人と付き合う=二股、浮気、不倫、といったネガティブな関係性しか浮かびません。さらに、「ポリアモリーって言えばカッコいいけれど、単に複数と付き合いたいだけなのでは?」という否定派もいるでしょう。

 きのコさんは、「ポリアモリーについては、すべての関係者の合意のうえで、複数の恋愛関係を営むこと」を最小限の定義としています。つまり、ポリアモリーをカミングアウトしてフラれるリスクもありますし、理解されたとしても「やっぱり無理」と恋人に去られるリスクだってあるのです。

そもそも恋人は、自分を「満たす」ためのものなのか


 リスクや犠牲を厭(いと)わずに、ポリアモリーを貫くのはなぜでしょう。次に浮かぶ疑問は、「恋人が1人だけでは満たされないの?」。

 この問いにきのコさんは、「恋人に満たされるって、どういうことなのでしょう」と返しています。これにはハッとしました。

恋人がふたり

写真はイメージです(以下同じ)

 恋人に自分を満たしてもらうことを望んでは、本当のしあわせは手に入らないのか、ときのコさんの言葉を読んで思いました。自分で自分を満たしているからこそ、恋愛は成立するのではないでしょうか。ポリアモリーでもモノガミー(お付き合いは一対一でするものという考えにもとづいたライフスタイル)でも、それは同じです。

 きのコさんは、ポリアモリーをオープンにした時「ひとりになってどんなに寂しくても生きていこう」と、決意しました。一度きりの人生を、自分に正直に生きたいと考えたのです。

次のページ 
愛情が深いからこそ、複数の人を同時に愛せる

1
2
あなたにおすすめ