Entertainment

斎藤工、YOSHIKI、ゆず…豪雨被災地への支援の輪、芸能界でも広がる

 西日本を中心に甚大な被害をもたらした「平成30年7月豪雨」。日本国内はもとより、国外からも支援の手が差し伸べられているものの、今なお復旧の見通しが立たないエリアも多いのが現状です。

 そんななか、さまざまなカタチで支援をおこなう著名人の姿も。芸能界に広がる支援の輪を、活動面からまとめてみました。

復旧に欠かせないマンパワー。現地入りした芸能人たち


 がれきや土砂、災害廃棄物の運び出しなど、被災地の復旧にはかなりの人手が必要とされます。現地入りして支援活動をおこなった芸能人も少なくありません。

斎藤工「カンパイ!広島県 広島秘境ツアーズ」

広島県観光課「カンパイ!広島県 広島秘境ツアーズ」より https://hiroshima-welcome.jp/kanpai/

 プライベートでボランティア活動のために広島県を訪れたのは、俳優の斎藤工。大規模土砂災害で町中に積もった土砂を運ぶなどの支援活動のほか、記念撮影やサインで被災者とも積極的に触れ合い、つかの間の笑顔を生みました。

はるな愛オフィシャルブログ

はるな愛オフィシャルブログ7月15日投稿より https://ameblo.jp/haruna-ai/entry-12390957096.html?timestamp=1531911409

 タレントのはるな愛は、自身が経営する店の従業員の親族が被災したことを耳にして、家族とともに岡山県倉敷市の真備町へ駆けつけました。深刻な浸水被害に遭ったエリアです。現地では災害廃棄物の運び出しなどを手伝ったほか、避難所にも足を運んで、日焼け止めや下着など物資の支援もおこないました。

洪水の被害に遭った地元倉敷へ。 予想を遥かに超える被害に胸が締め付けられました。 被害が大きかった真備町のお家は二階まで水が上がり、死を覚悟したとお話しして下さった方もいました。 晴れの国 岡山と言われている穏やかな場所だっただけに、皆さんのダメージは相当です。 物資は全国から本当に沢山届いていました。凄いと思いました。 今も大変ですし、これから大変な事が沢山ありますが、皆さん前向きに明るく過ごしてらっしゃるのが、とても印象的でした。 またすぐ行きますね! 東京の皆さまも引き続きサポート宜しくお願いします

MEGUMIさん(@megumi1818)がシェアした投稿 –


 倉敷市出身のMEGUMIも現地入りした芸能人のひとりです。Instagramを通して被災地の状況を発信し、サポートを呼び掛けました。また、歌手のナオト・インティライミも、支援活動の合間に歌声を披露して被災者の気持ちを癒していました。

YOSHIKIらが経済的支援


 現地入りはできなくとも、まとまった金額を寄付することで経済的に支援した著名人も。被災地では刻一刻と状況が変わるだけに、金銭的な支援がありがたいとの声も多いようです。

Yoshikiさん(@yoshikiofficial)がシェアした投稿


 X JAPANのYOSHIKIは、拠点を置くロサンジェルスで一報を聞き、自身が運営する米国非営利公益法人「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて日本赤十字社に1000万円を寄付。

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長も、日本赤十字社へ500万円を寄付しました。日赤のドクターチームが水害被害者支援のために岡山県へ向かったことをツイッターに綴っています。



 ユーチューバーのHIKAKINは、収益化していない動画で、Yahoo!ネット募金を通じて寄付する手順を実演。その際に総額100万円以上を寄付しました。クレジットカードやTポイントカードのポイントを使って寄付する方法のほか、携帯料金の支払いとともに継続的な支援ができることも伝え、【拡散希望】として視聴者へ募金を呼びかけました。

 その影響もあってか、HIKAKINが動画で紹介した際には約7978万円だった寄付総額が、11日後には約4億4713万円になっています。

 ほかにも、歌手の矢沢永吉は9月に広島県で開催予定のコンサートの収益、ゆずは復興支援の目的で急遽リリースを早めた楽曲による収益を寄付すると発表しています。

次のページ 
ブルゾンちえみら、お笑い界からはSNSを通じた支援も

1
2
あなたにおすすめ