News
Fashion

なぜ?日本で爆売れした「イヴァンカトランプ」ブランドが廃止に

 最近では日本でも人気となっていたファッションブランド「イヴァンカトランプ」廃止されることになった。2014年に同ブランドを立ち上げたイヴァンカ・トランプ(36)が、事業を終わらせる決意をしたようだ。

 2017年父ドナルド・トランプの大統領就任後、夫ジャレッド・クシュナーとともにホワイトハウス入りしたイヴァンカは、ブランドビジネスから一旦身を引き、大統領補佐官としての役職に専念するという。

イヴァンカ・トランプ

アメリカのドナルド・トランプ大統領の長女、イヴァンカ・トランプ氏。今後は大統領補佐官の役職に専念するらしい

 24日(火)ブランド終了を発表したイヴァンカは、ニューヨークのトランプタワーで18人の従業員と個別に面談。今までの感謝を伝え、「今後ビジネスの世界にいつ戻るのか、戻るかどうかも分からないため苦渋の決断だった」と説明したとNBCニュースが伝えている。

 イヴァンカは次のような声明を出している。

「私は、今までの実業家の仕事にいつ戻るのか、そもそも戻れるのかどうかも分かりません。ですが、いま目の前にある仕事に集中することが、ワシントンにいる私のすべきことだと考えます。この決意を今したことが、従業員や取引先に対して唯一の誠実な結論です。非常に多くの女性たちを鼓舞してきた従業員の素晴らしい働きには感謝の言葉もありません。私たちが一つのミッションをともに目指すことはもうありませんが、一人一人が次のステージで成功すると確信しています」

「すべての働く女性のために」がコンセプトだった同ブランド。スタイル的には“ラルフ・ローレンっぽい感じ”といわれていたが、価格は比較的リーズナブルで、庶民派ブランドとして知られていた。

Ivanka Trump HQさん(@ivankatrumphq)がシェアした投稿


 ただ、反トランプ運動の標的にされることも多く、度々不買運動を起こされていた。さらに米有名デパートが次々に同ブランド商品の取り扱いを中止。これには、トランプ大統領がツイッターで、公然とイヴァンカのサポートを呼びかけ批判を受けた。

 このように荒波にもまれながらもなんとかブランドを守り抜きてきたイヴァンカは、今回の事業廃止に相当落ち込んだようだが、大統領補佐官の職が最優先だと納得しているという。

 関係者がピープル誌にこう語っている。

「イヴァンカは、今はワシントンでの仕事に専念すべきだと分かっています。それが一番現実的な道だと気が付いたのです。ブランド終了の決意には感情的になったようです、今まで熱心に経営に取り組んできましたし、彼女の誇りだったと思いますよ。でもイヴァンカは補佐官の仕事を続ける予定ですし、そうなるとビジネスの方にかける時間がないのです」

本国や欧州での評価はイマイチだが、日本では売り上げ激増


 破天荒な父親による暴走のあおりを受けてか、不買運動や商品の取り扱い中止にまで発展してしまった「イヴァンカトランプ」ブランド。欧米では「面白みがない」「時代遅れ」と手厳しい評価も。そんな中、ひときわこの「イヴァンカトランプ」ブランドに熱い視線を注いできたのが日本だ。

Ivanka Trump HQさん(@ivankatrumphq)がシェアした投稿


 同ブランドを以前から取り扱っている通販サイト「waja」によると、米大統領選でトランプ氏の勝利が決まった日を境に売り上げが激増したという。欧米でキビシイ視線が注がれている中、「かわいい」「リーズナブル」と好意的な声が日本女性たちより多くあがったという。

 イヴァンカが来日していた際には、着ていたピンクのスカート短すぎ!ともっぱら批判を繰り広げていた欧米に対し、日本では正反対の反応が。来日期間中、「waja」のアクセス数や「イヴァンカトランプ」の売れ行きが爆上げし、いわゆる来日フィーバーが起きていたのだ。

wajaのイヴァンカ・トランプブランド

「イヴァンカトランプ」の商品を扱う通販サイト「waja」。一番人気のタイトスカートの価格は7千円~1万円とリーズナブル。現在セール中。 ※https://www.waja.co.jp/waja/category/brandId/9188/genreId/675.html?sortId=27&many=120

 このように、なんだかんだと注目を集めたファッションブランド「イヴァンカトランプ」。一説によると、値段の割には質が良いという評価もあるので、興味がある人は同ブランド商品が買えなくなる前に一度チェックしてみては?

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>




あなたにおすすめ