Gourmet

セブンの冷凍グリル野菜が超万能。切らずに使えるベンリ野菜5選

 焼くのも、煮るのも、全部パス!

グリル野菜 うだるような暑さが続いています。夏バテ予防にしっかり食べよう、栄養バランスを崩さないように、なんて思っていても、コンロの前に長時間立つなんて、到底無理だと感じている人は少なくないでしょう。そんな状況下で不足しがちなのが、「野菜」。肉と一緒にキュウリ、キャベツ、レタスをちょっと食べただけでは、美容・健康づくりに必要な食物繊維やビタミン・ミネラル類はカバーできません。

 そこで今回は、夏の野菜不足をカンタン解消!「すぐに使える、栄養リッチな“ベンリ野菜”」を5つ厳選してご紹介したいと思います。

(1)冷凍されたカラフルな「グリル野菜」


⇒カレーやパスタの上に乗せて、“野菜たっぷりメニュー”に!

グリル野菜(冷凍カルボナーラにトッピング) はじめにご紹介するのは、セブン-イレブンで購入可能な「冷凍グリル野菜」(税込213円)。ナス、ズッキーニ、パプリカを小サイズにカットして香ばしく焼いたものなのですが、これが期待以上の万能感なんです。写真は、チンしたグリル野菜をオリーブオイルで和え、冷凍カルボナーラの仕上げにトッピングするというアイディア。この他、レトルトカレーなどの王道メニューと合わせれば、無理なく“野菜たっぷり”を実現できます。

※店舗により、取り扱いがない場合があります。

(2)冷凍された「緑黄色野菜(温野菜)」


⇒スープや味噌汁などの汁物に加えてさっと煮る!

緑黄色野菜(温野菜)汁物 続いては、冷房にあたりすぎて体が冷えてしまった際に恋しくなる、「汁物」に緑黄色野菜を足していこうというアイディア。具体的には、ブロッコリー、人参、いんげん、ほうれん草…。これらは固茹でになった状態で急速冷凍されているため、スープの仕上げにさっと加えるだけでOKです。

(参考)作りおき「美魔女スープ」5つのコツ。ベーコン、イモは使わない!

(3)切ればすぐに使える調理済の「ビーツ」


⇒定番野菜サラダにトッピングして、「美容サラダ」に格上げする!

ビーツ(美容サラダ) 比較的手間のかからないメニューが「サラダ」ですが、ちょっと気を抜いて作ると、マンネリ系か大した栄養もない組み合わせに落ち着いてしまいがち。そんな時にオススメなのが、「加工済のビーツ」。面倒な下処理を行う手間もなく、おしゃれなアンチエイジングサラダを作ることができます。レトルトパウチされた状態で売られているため、常温保存ができる便利さも魅力です。

(参考)「食べる輸血」と言われる栄養満点の野菜って? ホクホク美味しいのにカロリー控えめ♪

次のページ 
「豆もやし」「カット野菜」のレンチン手抜きメニュー

1
2
あなたにおすすめ