Entertainment

A.B.C-Zはデビュー6周年なのに「祝10周年」。そのヒミツは?

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ

 8月29日、ジャニーズの5人組グループA.B.C-Zが“10周年”を迎えました。新曲「JOYしたいキモチ」も発売され、なかなか好評! また今秋には主演舞台「ABC座 ジャニーズ伝説2018」(10月7日~10月29日・日生劇場)の上演も控えています。

 そんななか、「え? もう10年も経つの?」と、首をかしげた方もおられましょう。「だって、Sexy Zoneが今年デビュー7周年でしょ? A.B.C-Zのデビューは彼らより後じゃない?」とのお言葉も聞こえます。うんうん、ごもっとも。

 今回のA.B.C-Zの場合、10周年は10周年でも“グループ結成10周年”なのですね。

みきーるのJ-ウォッチ

ジャニーズの場合、結成=デビューとは限らない


「ちょっと何言ってるかわからない」というあなた、まぁ焦らずに。ジャニーズの場合、結成=デビューとは限らないのです。

 たとえばKAT-TUNが結成されたのは2001年ですが、「Real Face」でデビューしたのは2006年のことでした。

 また、デビューとは“芸能界デビュー”でなく、「CDやDVDをメジャーでリリースするアーティストになること」を指します。A.B.C-Zもまたしかり。

 彼らの結成は2008年8月29日ですが、デビュー日となると、2012年2月1日になります。ちなみに彼らは、「Za ABC ~5stars~」で、ジャニーズ初のDVDデビューを果たしました。

 結成日というのは、タマゴが生まれた日。
 デビュー日は、タマゴが孵った日。


 こう考えると、わかりやすいかもしれません。

 じゃあデビュー10周年はどうするの? 結成10周年をお祝いしたから、もういいのかって?

 こまけぇことは、いいんだよ!!

 だいたい、結成日やらデビュー日やらはもちろんのこと、事務所入所日やらファーストコンサート開催日やら、私たちが祝いたいことは山ほどあるのです。

 ぶっちゃけジャニーズは私らの彼氏、恋人です。で、恋人同士であれば「初めて会った記念日」「初デート記念日」「付き合って1ヶ月記念日」などなど、他人が聞いたら「うわ……」としか思えない“祝日”がたくさんあり、いつも何かしら祝っているものじゃないですか。

 なんだかんだいって日本人は“1/2の成人式”だの“お盆玉”だの、いとしい者を寿いだり甘やかしたりするのが好きなのです。祝い事は、多くて困ることなし!

 4年後の2022年、今度はしれっとA.B.C-Zのデビュー10周年を祝えるよう、全力でCDを買い続けたいと思います。

 A.B.C-Zのみなさんが、さらにさらに輝くことを願ってやみません……!

<文/みきーる イラスト/二平瑞樹>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【みきーる】みきーる著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru公式ブログ『ジャニヲタ刑事!』




あなたにおすすめ