Lifestyle

海外女ひとり旅でイケメンと飲んだら泥酔。記憶とともになくしたモノは…

 旅行の醍醐味(だいごみ)のひとつが、見知らぬ人との出会い。特に言葉の通じない海外での一期一会はトキメキます。


 しかし、そんな運命の出会いを「酒」でだいなしにしてしまったのが、大場美香さん(仮名・27歳)。

香港ひとり旅中にゲストハウスで現地のイケメンと乾杯


 大場さんは、夏休みを利用して、一人で香港を旅しました。宿は普通のホテルより楽しそうな、世界各国からバックパッカーが集まるゲストハウスを選びました。

「香港旅行2日目の朝、出かけるのも困難なほど天候が悪くて宿から出られなくて。暴風雨が止むのを待っている時間、あまりにもヒマだったので宿泊者なら誰でも利用できる共有スペースのソファーで、ビールを飲み始めたんです」

 時間はまだ昼間。3本目の缶ビールを開けたあたりから、次第に酔いが回ってきました。


「他の宿泊客も外に出られないからヒマそうで、次第に共有スペースに集まってきて。隣の席に俳優の間宮祥太朗に横顔が似ている、25歳くらいの中国人の男の子が座て、本を読み始めたんです。

 イケメンだったし、何よりヒマだったので酔いにまかせて、『ニーハオ!』って缶ビールを渡してみたら、ニコッてしてくれて。名前はジュンシー。日本語が少し話せる子だったので、自己紹介したり、旅の写真を見せ合ったりしました」


大雨のベランダで飲み出したら…


 香港の街は変わらず悪天候。大場さんと、ジュンシーは、カタコトの日本語とカタコトの英語を交わしながそのまま一緒に飲み始め、気がつけばあたりは暗くなっていました。

「夜になっても相変わらずの暴風雨で、外出するのは難しそうでした。だけど宿にいるのは飽きたので、ジュンシーに、ベランダで飲もうと誘ってみたんです。せめて香港の空気を吸おうかなって。

 だけど、ベランダは横殴りの豪雨で落ち着いてお酒を飲めるような空間ではありませんでした」

 しかし、昼間から浴びるほどお酒を飲んでいた大場さん。酔ったテンションで、大雨の中ベランダでワインボトルをラッパ飲みし始めたのです。

海外ゲストハウスで泥酔「ノリがいいジュンシーも、雨に打たれながら上半身ハダカでワインを飲み始めて……。今思うと何がそんなに面白かったのかわからないんですけど、2人で大爆笑しながら何度も乾杯しました。

 ただ、恐ろしいことに私の記憶があるのがここまで。気がついたら朝。宿の部屋で、びしょ濡れのまま目を覚ましました。昨夜と同じ、Tシャツとショートパンツという姿でしたが、なぜかノーブラ。一体どこでブラジャーを外したのかパニックになりましたよ」

 昨夜、雨の中ベランダでジュンシーと一体何があったのか。いくら思い出そうとしても、思い出せません。

ベランダで白人男性3人組に声をかけられて…


「二日酔いでフラフラになりながら、昨夜のベランダに行ってみると、私のブラジャーが落ちていました。拾おうとしたら、見知らぬ白人男性の3人組に声をかけられて『グレイト!』とか、『ブラボー!』とか言われて……。

 なんのことかわからなかったのですが、もしかして昨夜、この人たちの前でブラジャーを脱ぎ捨てて裸踊りでもしてしまったんじゃないか、と青ざめました」

 旅先での出会いはかけがえのない思い出になるはず。しかし、翌朝ジュンシーの姿はなく、ベランダには脱ぎ捨てられたブラジャーが1つ。

 暴風雨の香港の夜、大場さんの身に何があったのかは永遠に謎のままです。

シリーズ 酒の失敗エピソード vol.8―

<文/満知缶子 イラスト/鈴木詩子>




あなたにおすすめ