Fashion

流行のシースルーを簡単に取り入れる方法。手持ちアイテムに“ひと工夫”でOK

モードをリアルに着る! Vol.52/小林直子】

 フェミニンなムードが満載の2018年秋冬コレクションですが、その中でも多いのがシースルー素材です。


 シフォン、オーガンジーなど透ける素材でできたドレスやブラウス、そしてスカートやパンツの出現頻度は高まるばかりで、それは次の2019年春夏シーズンへと続いていきます。

 しかし、この透ける素材のアイテムは、透ける、つまり中が見えるという性質上、実際に着用しているのは少数派。その多くはコレクションだけで見られるアイテムであり、街でそんな透ける素材のアイテムを着ている人にすれ違うことはほとんどまれです。


透ける素材でできたパンツやスカートは難易度が高い


 中でも難易度が高いのが透ける素材でできたパンツやスカートです。脚が透けるだけならまだしも、透けた下着まで見えてしまうのは、さすがに日本の路上では無理です。

シースルースカート

透ける素材でできたパンツやスカートは難易度が高い ※画像はイメージです

 けれども人間の脳はいつでも新しさを求めます。毎日同じおかずを食べていたのでは飽きてくるように、毎日同じものを着て、それを眺めていたのでは脳が飽きてしまいます。それは人間である限り、避けられないことなのでしょう。

 ぎりぎりの安心圏内での新しさを脳は求めています。そんな脳の二―ズを満たすために、なんとかシースルーのものを着る方法はないか、そんなことを考えながら見つけたのが、このアントニオマラスの2018年の秋冬コレクションのルックです。



シースルーをより強調したスタイル


 2004年から2011年までケンゾーのクリエイティブ・ディレクターを務めたことで有名な、イタリアのサルディーニャ島出身のアントニオ・マラス。

 自分の名前を冠したブランドであるアントニオマラスでは美しい色合いと、刺繍などの丁寧な手仕事が特徴の、日常的に着られるロマンチックなスタイルが毎シーズン発表しています。



 先ほど取り上げたルックでは、お尻がすっぽり隠れる丈のロングセーターにシースルースカートの裾(すそ)が見えているスタイル。レースアップシューズにシースルーソックスと、シースルーをより強調。

 いつも着ているものをほんの少し変えるだけで見せる新たな表情が魅力的な、ぜひチャレンジしてみたいスタイルです。


どうやって取り入れる?


 私たちがこのルックを真似するためには、まず丈が長めのセーター、もしくはカーディガンを手に入れましょう。もちろんミニ丈のニットワンピースでもOKです。

 この中で特に手に入れやすいのは長めの丈のカーディガンでしょう。前開きのボタンを全部留めればワンピースのように見えるタイプがいいでしょう。

シースルースカート

ロング丈で、ボタンを留めればワンピースのように見えるカーディガンを探してみよう ※画像:WEAR 

 次に問題のシースルースカートです。私たちがごく普通に買える範囲で、今現在、こんなシースルーのスカートは売っているでしょうか。

 実際はあまり売られてはいません。さすがに下半身が透けて見えるスカートは売れないでしょうから、売る側も売らないのは当然のこと。ではどうしたらいいでしょうか。

次のページ 
皆が持ってる◯◯をリメイク?!

1
2




あなたにおすすめ